イーダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーダース古希: Ἴδας, Īdās)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してイダスとも表記される。アイギュプトスの息子、アパレウス(またはポセイドーン)の息子の二人が登場する。

アイギュプトスの息子[編集]

アイギュプトスの50人の息子の一人。彼ら兄弟はダナオスの娘たちと結婚し、イーダースはヒッポディケーを妻としたが、他の夫たちと同様、眠っている間に妻に殺された。

アパレウスの息子[編集]

メッセーネーアパレウスとアレーネーの息子。イーダースだけあるいは兄弟のリュンケウスともどもポセイドーンの子だとする説もある。リュンケウスと並び称され、二人は「アパレウスの子たち」という意味で、アパレーティダイとも呼ばれる。スパルタディオスクーロイ、すなわちカストールポリュデウケースの兄弟と敵対した。

イーダースはエウエーノスの娘マルペーッサを妻として、娘のクレオパトラーを得た。クレオパトラーはメレアグロスの妻となった。

ディオスクーロイとの反目[編集]

アパレウスの兄弟レウキッポスの娘にヒーラエイラとポイベーがあり、二人はイーダースとリュンケウスの妻とする約束が交わされていた。しかし、カストールとポリュデウケースが姉妹をさらって妻としたため、イーダースとリュンケウスはディオスクーロイを恨み、二組の兄弟は反目するようになった。

マルペーッサの略奪[編集]

マルペーッサを奪おうとするアポローンに弓を構えるイーダース、止めるゼウス。紀元前480年ごろの壺絵。ミュンヘン州立古代美術博物館en)所蔵 (Inv. 2417)

エウエーノスは足の速い馬を持ち、娘のマルペーッサに求婚者が現れると、戦車競走を挑んで破り、相手の首を取っていた。このマルペーッサにアポローンが求愛しようとしたところ、いち早くイーダースがポセイドーンに頼んで翼を持つ馬が牽く戦車を借り、マルペーッサをさらった。エウエーノスは自慢の戦車で後を追ったが、リュコルマース河まできても追いつけず、これを恥じて飼い馬をすべて殺して河に身を投げた。このことから河はエウエーノスと呼ばれるようになった。

エウエーノスから逃れたイーダースがメッセーネーまで来たとき、アポローンがマルペーッサを奪い取ろうとしてイーダースと争った。この闘いはゼウスが仲裁に入り、マルペーッサに二人のいずれかを選択させることにした。マルペーッサは、アポローンは不死の神であり、自分が年老いたときには捨てられてしまうだろうと考え、人間であるイーダースを選んだ。

対決[編集]

イーダースとリュンケウスは、ディオスクーロイとともにイアーソーン率いるアルゴナウタイの航海に加わった。航海中、マリアンデューノイ人の国でイドモーンに突かれて死んだ事件では、イーダースがこの猪を槍で殺した。帰還するとカリュドーンの猪狩りにも参加した。

ディオスクーロイとはその後も一時的に協力し合い、4人でアルカディアで牛を略奪した。このとき、イーダースは分捕った牛の群れの分配方法を委ねられた。イーダースは1頭の牛を4つに分け、早食い競争で最初に1人分を食べ尽くした者が群れの半分を受け取り、2番目の者が残りの半分を取ると定めた。このことを宣言するや、イーダースは自分の分をあっという間に平らげ、つづいてリュンケウスの分まで食べ尽くしてしまった。ディオスクーロイはこの取り決めに抗議したともいうが、イーダースとリュンケウスは構わず、略奪したすべての牛の群れを追いながらメッセーネーに引き上げた。

これに怒ったディオスクーロイは、スパルタの兵を率いてメッセーネーに迫った。このときイーダースとリュンケウスは、ターユゲトス山にポセイドーンへの生け贄を捧げるために不在だった。カストールとポリュデウケースは、木のうろに隠れて二人を待ち伏せした。その場所はアパレウスの墓の近くだった。しかし、リュンケウスの鋭い目がたちまち隠れた兄弟を見い出し、イーダースの投げた槍でカストールは串刺しにされた。ポリュデウケースが槍でリュンケウスを倒したが、イーダースはアパレウスの墓石を引き抜いて投げつけ、ポリュデウケースの頭に命中したので彼は昏倒した。そこで、ゼウスが雷霆を撃ってイーダースを殺した。一説には、カストールがリュンケウスを倒し、イーダースがカストールを倒し、ポリュデウケースがイーダースを倒したともいうが、いずれにせよ、生き残ったのはポリュデウケース一人であった。

系図[編集]

ケパロス
 
プロクリス
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティクレイア
 
ラーエルテース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレマコス
 
 
 
 
 
 
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 


参考文献[編集]