イーカリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーカリオス古希: Ἰκάριος, Īkarios)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してイカリオスとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

アッティカの人物[編集]

このイーカリオスは、アッティカの神話的人物である。ケクロプスの子パンディーオーンアテーナイの王だったころの人で、ディオニューソスが初めてアッティカにやって来たときに歓迎したといわれる。エーリゴネーという娘がおり、またマイラという愛犬を飼っていた。

アポロドーロスによると、イーカリオスに歓迎されたディオニューソスは返礼として、ブドウの苗木と、ブドウ酒の醸造法を授けたといわれる。そこでイーカリオスはブドウ酒を広めようと考え、羊飼いのところにやって来てブドウ酒をふるまった。ところが羊飼いたちはブドウ酒を水で割らずに飲んで、ひどく酔っ払い、毒を飲まされたと勘違いをしてイーカリオスを殺してしまった。エーリゴネーはマイラとともにイーカリオスを探し歩き、イーカリオスの墓を見つけたときに首をつって自殺した[1]

ヒュギーヌスによると、イーカリオスとエーリゴネーの死に怒ったディオニューソスはアテーナイの女たちを狂気させた。アテーナイ人は神託によって2人の死が原因であることを知り、イーカリオスを殺した羊飼いたちを罰し、エーリゴネーの死を悼んで振り子人形の祭礼を定め、イーカリオスとエーリゴネーにブドウの初穂を供えた。また神々はイーカリオス、エーリゴネー、マイラを天に上げ、それぞれうしかい座おとめ座シリウスに変えた[2][3]

ペーネロペーの父[編集]

このイーカリオスは、アイオロスの子のペリエーレースペルセウスの娘ゴルゴポネーの子[4]、あるいはキュノルテースの子ペリエーレースとゴルゴポネーの子で、アパレウスレウキッポステュンダレオースと兄弟[5]。あるいはキュノルテースの子ペリエーレースの子のオイバロスと水のニュムペーのバテイアの子で、テュンダレオース、ヒッポコオーンと兄弟[6]

水のニュムペーのペリボイアとの間にトアース、ダマシッポス、イメウシモス、アレーテース、ペリレオースと、ペーネロペー[7]、イプティーメーをもうけた[8]。しかし一説にはイーカリオスの妻はリュガイオスの娘ポリュカステーといわれる[9]

 
 
 
 
ターユゲテー
 
エウロータス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ラケダイモーン
 
スパルタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデー
 
アミュクラース
 
 
 
 
 
エウリュディケー
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュアキントス
 
キュノルタス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
バテイア
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポコオーン
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ケパロス
 
プロクリス
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティクレイア
 
ラーエルテース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレマコス
 
 
 
 
 
 
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 


亡命[編集]

アポロドーロスによるとイーカリオスとテュンダレオースはヒッポコオーンとその子供たちによってラコーニアから追放され、アイトーリアのプレウローンの王テスティオスのところに亡命して、テスティオスの戦争を助け、ヘーラクレースがヒッポコオーンを滅ぼした後にラコーニアに帰還した[10]ストラボンによればテスティオスが戦っていたのはアケローオス河を挟んだ隣の地方アカルナーニアで、亡命したイーカリオスとテュンダレオースはテスティオスを助けて戦ったので、戦争に勝利した後にアカルナーニアに領地を得た。その後ヘーラクレースがヒッポコオーンを滅ぼしたときにテュンダレオースのみラコーニアに帰還し、イーカリオスはアカルナーニアに残ってリュガイオスの娘ポリュカステーと結婚したと述べている[9]。しかしパウサニアスによれば、イーカリオスはヒッポコオーンの味方をしてテュンダレオースを追放したとされる[11]

ペーネロペーの結婚[編集]

娘のペーネロペーはイタケー島の王オデュッセウスと結婚したが、これはテュンダレオースが娘のヘレネーに多くの求婚者が殺到して困っていたときに、オデュッセウスがペーネロペーとの結婚をイーカリオスに取りなしてくれるのと引き換えに、テュンダレオースが求婚者たちの中から誰をヘレネーの夫に選んでも怒らない妙案を授けたためであり、このためイーカリオスはテュンダレオースに頼まれて、ペーネロペーをオデュッセウスに与えたといわれる[12]。イーカリオスは2人が結婚すると、オデュッセウスをラコーニアに住まわせようとしたが、オデュッセウスにその意思はなかったので、イーカリオスは2人がイタケー島に向かう馬車を追いかけて、ペーネロペーにラコーニアに残ってくれと懇願し続けた。オデュッセウスはたまりかねて、ペーネロペーにイタケー島に来るかラコーニアに残るかを自分で決めろと言うと、ペーネロペーは何も言わずに恥らって顔を隠したので、イーカリオスはペーネロペーの気持ちを悟って2人を送り出したという[13]

一方、イプティーメーはペライの王エウメーロスの妻となったといわれている[8]

『オデュッセイア』[編集]

その後、トロイア戦争が終結しても、10年間もオデュッセウスが帰国しなかったとき、ペーネロペーに新たな求婚者たちが現れたが、求婚者の1人エウリュマコスは他の求婚者よりも結納金を釣り上げ、またペーネロペーへの贈物も熱心であったため、イーカリオスはペーネロペーにエウリュマコスとの結婚を強く勧めたとホメーロスは語っている[14]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻14・7。
  2. ^ ヒュギーヌス、130。
  3. ^ シリウスではなくこいぬ座とする説もある。Ridpath, Ian. “Star Tales - Canis Minor”. 2013年6月12日閲覧。
  4. ^ アポロドーロス、1巻9・5。
  5. ^ ステーシロコス(アポロドーロス、3巻10・3 の引用)。
  6. ^ アポロドーロス、3巻10・4。
  7. ^ アポロドーロス、3巻10・6。
  8. ^ a b 『オデュッセイア』4巻。
  9. ^ a b ストラボン、10巻2・24。
  10. ^ アポロドーロス、3巻10・5。
  11. ^ パウサニアス、3巻1・4。
  12. ^ アポロドーロス、3巻10・9。
  13. ^ パウサニアス、3巻20・10~20・11。
  14. ^ 『オデュッセイア』15巻。

参考文献[編集]