結納

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

結納(ゆいのう)とは、将来的な結婚すなわち婚約の成立を確約する意味で品物などを取り交わすこと。また、そのための儀式及びその品物。

結納の文化[編集]

結納の意義[編集]

婚姻により両家が親類(親族)となり「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合う儀式。一般的には新郎家から、新婦家へ、結納の品を納める。本来は帯や着物地などに縁起物を添えて贈るが、現代では帯や着物の代わりに金子包み(結納金)を贈る。(結納金を帯地料・小袖料などというのはこの名残り)結納は通常、公の場でなされることはなく、両家の間の私的な儀式であるが、結納により「結婚をします」という約束を正式に交わしたことになる。

形式は小笠原流伊勢流などの礼法によって体系化されているが、冠婚葬祭を含むその他の儀礼と同様、個人の考えや地域によりその仕来りは様々である。現在では、格式を重んじる結納を行わず、結婚式・結婚披露宴に先立ち新郎新婦の両親や家族らと共に食事会を行うなど、婚約の確認を済ませることもあり、ご縁を結ぶ結納品には金銭を贈らず、婚約記念品(指輪や時計)だけで結納を済ます事もある。また、昨今は仲人を立てないこともある。

結納の起源[編集]

結納の起源は4世紀から5世紀頃、仁徳天皇の時代に遡る。仁徳天皇の皇太子(のちの履中天皇)が黒媛を妃に迎えるときに贈り物(納采)を贈ったことが最初とされ、宮中儀礼の「納采の儀」として脈々と受け継がれている。皇室の外で結納が行われるようになったのは、ずっと後のことで、室町時代に公家や武家に広まり小笠原流伊勢流などに体系化されていく。そこから庶民の間にまで広まったのはさらにあとで江戸時代末期から明治初期だと言われている。 その語源は、「結いもの」や「云納(いい入れ)」という婚姻を申し込む言葉が転じたものとも言われている。

結納の手順[編集]

結納の最も正式な形は、皇室の納采の儀であるが、民間では略式の方法で行われる。 民間で行われる結納は小笠原流伊勢流などの礼法によって体系化されているが、 地域・宗教・家系などそれぞれに伝わる多種多様な手順がある。 一般的に次のような手順で行われる。

判りやすくするため、これから結婚する男性側を「新郎家」、これから結婚する女性側を「新婦家」と表記する。

  • 新郎家からの結納納め
  1. 仲人が新郎家へ赴き、結納品を預かる。
  2. 仲人が結納品を新婦家へ持参し手渡す。
  3. 新婦家で仲人をもてなす。
  4. 新婦家が仲人へ結納品の受書を預ける。
  5. 仲人が受書を新郎家へ持参し手渡す。
  6. 新郎家で仲人をもてなす。
  • 新婦家からの結納返し

 (正式には結納納めの後日改めて行われるが、最近では同日に行われることが多い。この場合、新婦側の受書と結納返しは一緒に受け渡しされる。古い考えを重んじる者の中には、結納返しを結納と同日に行うことを「つき返し」といって嫌う者もいる)

  1. 仲人が新婦家へ赴き、結納品を預かる。
  2. 仲人が結納品を新郎家へ持参し手渡す。
  3. 新郎家で仲人をもてなす。
  4. 新郎家が仲人へ結納品の受書を預ける。
  5. 仲人が受書を新婦家へ持参し手渡す。
  6. 新婦家で仲人をもてなす。

結納・結納返しののちに花嫁道具を納める荷納め(荷物納め)が行われるが、最近では省略されたり、結納返しと同日に行われることも多い。

略式には、

  • 仲人と新郎家がそろって新婦家へ赴き、双方の結納品の授受を行い、新婦家が饗応する。
  • 新郎家・新婦家・仲人が料亭やホテルなどに一堂に会し、双方の結納品の授受を行い、会食する方法などがある。
  • なお、男性が女性の家に婿に入る婿取り婚の場合は新郎家、新婦家の対応が反対となる。

</gallery>

金沢老記念館内の津田水引による結納品

結納品[編集]

結納品として用いられる物も地域によって多種多様である。結納品にはそれぞれめでたい意味づけがなされている。結納品は水引で豪華に飾られ、一式で数万円から数十万円がかけられる。おおまかに関東と関西でその内容が異なる。結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされる。これは陰陽五行説(陰陽道)により奇数は陽数とよび縁起の良い数、偶数は陰数とよび縁起の悪い数とされたことによる。偶数は2で割れることから「別れる」ことに通じるため避けられるというのは俗説で、最近ではさらに偶数でも2だけはペアだから良いとか、本来の意味が失われつつある。

関東[編集]

関東では、新郎・新婦とも同格程度の結納品を用意し、互いに「取り交わす」ものとされる。 結納品は一式ずつ一つの片木台(白木の台)に乗せられる。新婦側では、頂いた結納金の半額を結納金とする。結納品自体は関西よりもシンプルな物である。家族書・親族書などが付されることもある。下記は結納品の一例。

  • 長熨斗(ながのし):のしアワビ。長寿をイメージし、おめでたい贈り物の象徴である。
  • 目録(もくろく):結納品の品名と数量を記載。関東では長熨斗と目録は贈り物と数えない。
  • 金包包(きんぽうづつみ):結納金をいれる。新郎側の結納金は「御帯料」、新婦側からの結納金は「御袴料」とも。
  • 勝男節(武士)(かつおぶし):鰹節。男性の力強さをイメージ
  • 寿留女(するめ):スルメ。末永く幸せを願うため
  • 子生婦(こんぶ):昆布。子孫繁栄を表す
  • 友白髪(ともしらが):白い繊維。白髪になるまで夫婦仲良く
  • 末広(すえひろ):本来は男持ちの白扇と女持ちの金銀扇子の一対。省略されて白い扇子一本の場合も。末広がりの繁栄を願うため
  • 家内喜多留(やなぎだる):酒樽。家庭円満をイメージ

関西[編集]

関西では、結納品は新郎側から新婦側へ「納める」ものとされる。新郎側は、結納金の1割程度にあたる価格の結納品を用意する。結納品は一品ずつ白木の台に乗せられる。新婦側は新郎側へ、結納金の1割程度の額の金品を結納返しとして贈る。結納品は関東よりも豪華な物となる。家族書・親族書などが付されることもある。下記は結納品の一例。

  • 熨斗(のし):関東の「長熨斗」と同じ。一般的に「の水引飾り」と、熨斗押えの「打ち出の小槌」が添えられる。
  • 末広(すえひろ) 関東の末広と同じ。 一般的に「の水引飾り」が添えられる。「寿恵廣」とも。
  • 帯地料(おびじりょう)本来は帯や着物を贈っていたが、大正時代頃にこのお金で好みの帯や着物を買ってください、っとの意味からお金に変わった。今でも、結納の発祥の地=京都の伝統ある家庭ではお金ではなく、帯や着物を贈られる場合もある。関西では大半が帯地料であるが、大阪などは「小袖料」、神戸では「宝金」という)。一般的に「の水引飾り」添えられる。 帯地料が多い理由は、着物の世界では帯が格付けが上位に位置するから。
  • 結美和(ゆびわ):婚約指輪。
  • 高砂(たかさご):尉(じょう。老翁。)と姥(うば。老婆。)の人形。年老いるまで仲睦まじくという意味。
  • 寿留女(するめ):関東と同じ意味。
  • 子生婦(こんぶ):関東と同じ意味。
  • 松魚(料)(まつうおりょう):関東の「勝男武士」と同じ意味であるが、鰹節ではなく、金子包みに代わる。肴料。一般的に「の水引飾り」添えられる。
  • 柳樽(料)(やなぎだるりょう):関東の「家内喜多留」と同じ意味であるが、酒樽ではなく、金子包みに代わる。酒料。一般的に「の水引飾り」添えられる。

結納金[編集]

結納金とは、結納の際に新郎家から新婦家へ贈られる金銭であり、本来贈られていた着物地や帯地に代わるものである。「御帯料」「小袖料」「帯地料」などと呼ばれる。結婚情報誌などでは新郎の給料の2ヶ月分ないし3ヶ月分が目安だとされるが、明確な規定や標準金額は存在しない。

新婦側は、一定の金品を、結納返しとして新郎側へ贈る。着物地に対して袴地を贈ったことから、「御袴料」(おんはかまりょう)、「袴地料」とも呼ばれる。

また、男性が入り婿として女性の家に入る場合は、一般的には男性から送る結納金の倍だといわれている。

結納と法律[編集]

判例によれば、結納とは「他日婚姻ノ成立スヘキコトヲ予想シ授受スル一種ノ贈与」(大判大6・2・28民録23輯292頁)、「婚姻の成立を確証し、あわせて、婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(最判昭39・9・4民集18巻7号1394頁)をいう[1]

結納の法的性質については、一種の証約手付であるとする手付説、婚姻成立を目的とする一種の贈与であるとする贈与説、婚姻成立を解除条件とする解除条件付贈与であるとする解除条件付贈与説、折衷説が対立するが、上のように判例は贈与説をとる[2]

結納はその目的たる婚姻が成立すれば返還は問題とはならない[3]。婚姻は届出のある場合に限らず、事実上の婚姻関係(内縁を含む)の成立で足りる(通説・判例。判例として大判昭3・11・24新聞2938号9頁、最判昭39・9・4民集18巻7号1394頁)[4][5]

一方、結納など婚姻の成立を最終目的として授受された金品は、その婚姻が不成立となれば不当利得となり返還義務を生じる[6][7]。事実上の夫婦関係の成立が認められない場合は返還義務を生じる(大判昭10・10・15新聞3904号16頁)[8]。双方の合意解消の場合、各当事者は返還義務を負うことになる(大判大6・2・28民録23輯292頁)[9]。一方的な解消の場合には、解消について責めを帰すべき者(有責者)は返還義務を免れず、また、相手方に対する返還請求についても否定される[10][11]

脚注[編集]

  1. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、167頁
  2. ^ 川井健著 『民法概論5親族・相続』 有斐閣、2007年4月、9-10頁
  3. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、167頁
  4. ^ 川井健著 『民法概論5親族・相続』 有斐閣、2007年4月、10頁
  5. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、167-168頁、280-281頁
  6. ^ 川井健著 『民法概論5親族・相続』 有斐閣、2007年4月、10頁
  7. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、280頁
  8. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、281頁
  9. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、281頁
  10. ^ 青山道夫・有地亨編著 『新版 注釈民法〈21〉親族 1』 有斐閣〈有斐閣コンメンタール〉、1989年12月、281頁
  11. ^ 川井健著 『民法概論5親族・相続』 有斐閣、2007年4月、10頁

関連項目[編集]