持参金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

持参金(じさんきん、英:dowry)とは、結婚の際、一方の配偶者が、もう一方のために用意する貨幣等の財産のこと。また、その風習のことである。世界中で歴史を通じ、広く見られる。

アジア[編集]

日本[編集]

裕福な家庭の女性が貧しい男性の家に嫁入りするときに、持参金を用意する習慣がある。結納が男性側のみの負担であるのに対し、持参金は女性側のみが負担する。女性側が男性側から結納で受け取った金銭をそのまま持参することもある。

インド[編集]

インドでは、女性側が多大な持参金の負担をする習慣があり、「ダヘーズ」と呼ばれる。ダヘーズには、貨幣以外の価値のある物品(貴金属類、電化製品、不動産など)を含める場合もある。

ダヘーズを受け取った男性側が、妻となった女性を虐待して実家に送り返す(女性側は持参の物品をただ丸ごと取られることになる)、という事件がしばしば起こり、社会問題となっている。

ヨーロッパ[編集]

下記いずれも政治史・宗教史上の例であり、現代では見られなくなった。

  • 女性側が持参金を用意する習慣は、古代ギリシア古代ローマからみられた。なお、ギリシアでは男性側も結納のような持参金を用意した。
庶民など、持参金を用意できない女性は条件の良い結婚をすることが難しかった。そのため、貧しい未婚女性に持参金を寄付することは慈善活動と考えられた。聖ニコラオス伝には、結婚に際して持参金を用意できない貧しい姉妹の住む家に、聖ニコラオスが金貨の入った3つの袋をこっそりと投げ込んだ、という記述があり、サンタクロースが靴下にプレゼントを入れていく、という伝承のもとになっている。
  • 女性が修道院に入る際、「神の妻となる」という考えから、持参金を修道院に収める習慣があった。
  • 近世の王族の婚礼においては、男性側の家格が高いほど、持参金の額が大きくなる傾向にあった。持参金の内容は新郎新婦の両家で相談して決めた。規定された持参金が用意できない場合は結婚が破棄される理由ともなった。
ポルトガルカタリナ王女が、イングランドチャールズ2世のもとに輿入れする際は、インドのボンベイ(現ムンバイ)と北アフリカタンジールを持参金とした。
  • イギリスではヴィクトリア朝時代まで持参金の習慣があり、女性が両親から受け取る遺産の前払いという性質があった。夫婦が子なくして没すると、持参金は妻の実家に戻された。

関連項目[編集]