アクリシオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アクリシオス古希: Ἀκρίσιος, Akrisos, ラテン語: Acrisius)は、ギリシア神話の人物である。アルゴスアバースとマンティネウスの娘アグライアーの子で、プロイトスと双子の兄弟[1]ラケダイモーンの娘エウリュディケー[2]、あるいはアガニッペーとの間にダナエーをもうけた[3]。またエウアレーテーという娘もいた[4]。ダナエーはペルセウスの母、エウアレーテーは一説にオイノマオスの妻。

ソポクレース悲劇『アクリシオス』、『ダナエー』、『ラーリッサの人々』を書いたが散逸した。

神話[編集]

プロイトスとの対立[編集]

アクリシオスとプロイトスは生まれる前から母の胎内で争い、成長するとアルゴスの王位をめぐって戦った。この戦いでアクリシオスは勝利し、プロイトスを追放したが、プロイトスはリュキアイオバテースの援助によって帰還し、ティーリュンスを得た[5]パウサニアスによれば両者は戦争をしたが勝敗がつかなかったため[6]、両者は土地を分け合い、アクリシオスはアルゴスを、プロイトスはティーリュンス、ミデア、ヘライオンを支配した[7]。またこの戦いで楯が発明されたという[8]

アクリシオスの死[編集]

アクリシオスは男子がなかった。そこで神託に問うとアクリシオスはダナエーから生まれる子供に殺されると予言された。このためアクリシオスは青銅の部屋を作らせ、ダナエーを閉じ込めて見張らせた。ところがゼウスは黄金の雨となってダナエーと交わった。一説によればダナエーはプロイトスに穢され、これが原因でアクリシオスとプロイトスの戦争が起きたとされる。その結果ダナエーはペルセウスを産み、アクリシオスはダナエーとペルセウスを箱に入れて海に流した。箱はセリーポス島に流れ着き、その地でペルセウスは成長した[9]

後に成長したペルセウスがアルゴスに帰国したとき、アクリシオスは恐れてラーリッサに去った。あるときラーリッサの王テウタミデースは父の葬礼競技を行ったが、ペルセウスも参加するためにやって来た。しかしそこにアクリシオスもいて、ペルセウスが知らずに競技で投げた円盤がアクリシオスの足に当たり、アクリシオスは死んだ[10]

ヒュギーヌスによれば、アクリシオスはセリーポス島の王ポリュデクテースのところでダナエーとペルセウスが生きていることを知り、連れ戻そうとした。そこでポリュデクテースは両者を和解させたが、アクリシオスが嵐で帰国できないうちにポリュデクテースが死に、ペルセウスはポリュデクテースの葬礼競技を行ったが、ペルセウスが競技で投げた円盤がアクリシオスの頭に当って死んでしまったという[11]

系図[編集]


リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュンケウス
 
ヒュペルムネーストラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
 
 
イオバテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクリシオス
 
プロイトス
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
リューシッペー
 
 
 
 
 
メガペンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アナクシビアー
 
ペリアース
 
アナクサゴラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカストス
 
 
 
 


アクリシオス
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
カッシオペイア
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーレクトリュオーン
 
アルカイオス
 
ステネロス
 
ゴルゴポネー
 
オイバロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルクメーネー
 
アムピトリュオーン
 
エウリュステウス
 
テュンダレオース
 
レーダー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
イーピクレース
 
カストール
 
クリュタイムネーストラー
 
ポリュデウケース
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレポス
 
イオラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻2・1。
  2. ^ アポロドーロス、2巻2・2、3巻10・3。パウサニアス、3巻13・8。
  3. ^ ヒュギーヌス、63。
  4. ^ ヒュギーヌス、84。
  5. ^ アポロドーロス、2巻2・1~2・2。
  6. ^ パウサニアス、2巻25・7。
  7. ^ パウサニアス、2巻16・2。
  8. ^ アポロドーロス、2巻2・1。パウサニアス、2巻26・7。
  9. ^ アポロドーロス、2巻4・1。
  10. ^ アポロドーロス、2巻4・4。ほかパウサニアス、2巻16・2~16・3。
  11. ^ ヒュギーヌス、63。

参考文献[編集]