オリュンポス十二神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリュンポス十二神
ギリシア神話
Zeus Otricoli Pio-Clementino Inv257.jpg
主な原典
イーリアス - オデュッセイア
神統記 - ギリシア悲劇
ビブリオテーケー - 変身物語
オリュンポス十二神
ゼウス - ヘーラー
アテーナー - アポローン
アプロディーテー - アレース
アルテミス - デーメーテール
ヘーパイストス - ヘルメース
ポセイドーン - ヘスティアー
ディオニューソス
その他の神々
カオス - ガイア - エロース
ウーラノス - ティーターン
ヘカトンケイル - キュクロープス
タルタロス - ハーデース
ペルセポネー
ヘーラクレース - プロメーテウス
ムーサ - アキレウス
主な神殿・史跡
パルテノン神殿
ディオニューソス劇場
エピダウロス古代劇場
アポロ・エピクリオス神殿
ウィキプロジェクト

オリュンポス十二神(オリュンポスじゅうにしん、古代ギリシア語: Δωδεκάθεον, Dōdekatheon[1])は、ギリシア神話において、オリュンポス山の山頂に住まうと伝えられる12柱の神々主神ゼウスをはじめとする男女6柱ずつの神々である。

現代ギリシア語では「オリュンポスの十二神(Οί Δώδεκα Θεοί του Ολύμπου)」と呼称されるが、古典ギリシア語では単に「十二神(Δωδεκάθεον)」と呼んだ。

概説[編集]

ローマ神話の十二神の祭壇。用途不明。黄道獣帯の祭壇か。紀元1世紀

十二神の変動[編集]

通常、12神の神々は

  1. ゼウス
  2. ゼウスの妻ヘーラー[2]
  3. ゼウスの娘アテーナー[3]
  4. アポローン
  5. アプロディーテー
  6. アレース
  7. アルテミス
  8. デーメーテール
  9. ヘーパイストス
  10. ヘルメース
  11. ポセイドーン
  12. ヘスティアー

である。

12柱目はヘスティアーを入れるのが通常であるが、ディオニューソスを入れることもある(この場合、6柱ずつではなく、男神7柱、女神5柱となる)。これは、十二神に入れないことを嘆く甥ディオニューソスを哀れんで、ヘスティアーがその座を譲ったためとされる。また、ごくまれにポセイドーンやデーメーテールなどが外されることもある。

ほかに十二神と同格の神として、ハーデース(プルートン)とその妃ペルセポネーコレ[4])がいる。通常は十二神には含まれないが、ごくまれに含めることもある。十二神にハーデースが含まれないのは他の神と違って冥界の神であり、冥界は地下の存在と考えられていたためで、属性が異なるとの理由から十二神から外されている。

神々の世代[編集]

また、オリュンポスの秩序より見た場合、十二の神々は第一世代と第二世代に分かれるとも言える。クロノスレアのあいだに生まれた息子と娘に当たる、ゼウス、ポセイドーン、ハーデース、ヘーラー、デーメーテール、ヘスティアーが第一世代の神で、ゼウスの息子と娘に当たる、アテーナー、アポローン、アルテミス、ヘーパイストス、アレース、アプロディーテー、ヘルメース、ディオニューソスが第二世代の神となる。

ただし、これはオリュンポスの秩序での系譜に基づいている。たとえば、アプロディーテーについては、ホメロスはゼウスとディオネのあいだの娘としているが、ヘシオドスクロノスが切断したウーラノスの男根の周りの泡より生まれたとしている[5]。ヘシオドスの説では、アプロディテはゼウスよりも古くからある女神となる。ここから、ウーラノスの男根よりの女神を「天のアプロディテ」、ゼウスの娘の女神を「民衆のアプロディテ」として呼び分けることもある。

ローマ神話の十二神[編集]

ローマ神話ではディー・コンセンテス(Dii Consentes)あるいはコンセンテス・ディー (Consentes Dii) と呼ばれ(共に「調和せし神々」の意)、主神ユーピテルをはじめとする男女6柱ずつの神々とされるが、その内訳は伝わっていない。

十二神の一覧表[編集]

  • ハーデースとペルセポネーは十二神に含まれないが、天体との関係から記載する。

名前と権能[編集]

神名 ローマ神話との対応
(英語由来転写)
性別 説明 対応する天体[* 1]
古代ギリシア語 他のカタカナ転写
慣用名
ゼウス ゼウス ユーピテル
(ジュピター)
男神 神々の王、オリュンポスの主神。
雷神、天空神。
多数の神・半神・英雄の父祖。
木星
ゼウス (m)
ヘーラー ヘラ ユーノー
(ジュノー)
女神 ゼウスの妻、神々の女王。
婚姻の神で、女性の守護神。
嫉妬深い。
ユノ (m)
ヘラ (m)
アテーナー
アテネ[6]
アテナ
アテネ
ミネルウァ
(ミネルヴァ)
女神 知恵・工芸・戦略の神。
戦争の知略を司る。
都市の守護神。
ミネルヴァ (m)
パラス (m)
アポローン アポロン アポロー
(アポロ)
男神 予言・芸術・音楽・医療の神。
光明神ともされる。ポイボス
ヘーリオス太陽)と混同された。
太陽
アポロ群
アポロ (m)
アプロディーテー
アプロディタ
アプロディテ
アフロディテ
アフロディーテ
ウェヌス
(ヴィーナス)
女神 愛と美の神。
エロースの母とされる。
金星
アフロディテ (m)
アレース アレス マールス
(マーズ)
男神 軍神。戦争の災厄を司る。
ギリシア神話では知に劣り、人間にも敗れる。対応するローマ神話のマールスは主神ユーピテルと同じ程篤く信仰されていた。
火星
アルテミス アルテミス ディアーナ
(ダイアナ)
女神 狩猟・森林・純潔の神。
処女神だが、豊穣の神。
セレーネールーナ)と混同された。

ダイアナ (m)
アルテミス (m)
デーメーテール デメテル ケレース
(セレス)
女神 農耕・大地の神。乙女座に関連。 ケレス (d)
デメテル (m)
ヘーパイストス ヘパイストス
ヘファイストス
ウゥルカーヌス
(バルカン)
男神 火山・炎・鍛冶の神。畸形 バルカン
ヘファイストス (m)
ヘルメース ヘルメス メルクリウス
(マーキュリー)
男神 伝令神。
旅人たちの守護神。
水星
ヘルメス (m)
ポセイドーン ポセイドン ネプトゥーヌス
(ネプチューン)
男神 海洋の王。
海・泉・地震・馬・塩の神。
海王星
ポセイドン (m)
ヘスティアー ヘスティア ウェスタ
(ヴェスタ)
女神 かまどの神。家庭生活の守護神。
名は「炉」を意味する。
ベスタ (m)
ヘスティア (m)
ディオニューソス ディオニュソス バックス
(バッカス)
男神 豊穣・葡萄酒・酩酊の神。 バッカス (m)
ディオニスス (m)
ハーデース
プルートーン[7]
ハデス
ハーデス
プルートー
(プルート)
男神 冥界の王。
地下(クトニオス)・農耕の神。
冥王星 (d)
オルクス (m)
ペルセポネー ペルセポネ プロセルピナ
(プロセルピナ)
女神 冥界の王妃。
春・芽吹き・乙女・季節の神。
コレーとも呼ばれる。
プロセルピナ (m)
ペルセフォネ (m)
  1. ^ m は小惑星minor planet)の、d は準惑星dwarf planet)を表す。

系譜・血統[編集]

神名 世代 両親 備考 起源[* 1][8]
古典ギリシア語 ギリシア文字
ラテン文字
父親 母親(位格[* 2]
ゼウス Ζεύς
Zeus
第一 クロノス レアー
(ティーターン)
クロノスの末子。
多数の神や半神、英雄の父祖。
固有
ヘーラー Ἥρα
Hēra
第一 クロノス レアー
(ティーターン)
ゼウスの妻・姉。 先住
アテーナー Ἀθηνᾶ
Athēnā
第二 ゼウス メーティス
(ティーターン)
ゼウスの娘。
母はオーケアニデスの一柱。
先住
アポローン Ἀπόλλων
Apollōn
第二 ゼウス レートー
(ティーターン)
アルテミスの兄弟。
母はコイオスの娘。
外来
アプロディーテー Ἀφροδίτη
Aphrodītē
第二 ゼウス ディオーネー
(ティーターン)
本来はオリエントの女神。
エロースの母。
東方
アレース Ἄρης
Arēs
第二 ゼウス ヘーラー
(オリュンポス)
本来はトラーキア地方の神。 外来?
アルテミス Ἄρτεμις
Artemis
第二 ゼウス レートー
(ティーターン)
アポローンの姉妹。 先住
デーメーテール Δημήτηρ
Dēmētēr
第一 クロノス レアー
(ティーターン)
ゼウスの姉。
ペルセポネーの母。二柱女神。
固有
ヘーパイストス Ἥφαιστος
Hēphaistos
第二 ゼウス ヘーラー
(オリュンポス)
母が単独で生んだともされる。 固有
ヘルメース Ἑρμῆς
Hermēs
第二 ゼウス マイア
(ティーターン)
ゼウスの末子。
母はプレイアデスの一柱。
先住
ポセイドーン Ποσειδῶν
Poseidōn
第一 クロノス レアー
(ティーターン)
ゼウスの兄。ハーデースの弟。 固有
ヘスティアー Ἑστία
Hestiā
第一 クロノス レアー
(ティーターン)
ゼウスの姉。クロノスの長女。 固有
ディオニューソス Διόνυσος
Dionȳsos
第二 ゼウス セメレー
(人間)
本来はトラーキアの神。
母はカドモスの娘で人間。
外来
ハーデース Ἅιδης
Hādēs
第一 クロノス レアー
(ティーターン)
ゼウスとポセイドーンの兄。
ペルセポネーの夫。
固有
ペルセポネー Περσεφόνη
Persephonē
第二 ゼウス デーメーテール
(オリュンポス)
ハーデースの妻。
母と共に秘教の二柱女神。
固有
先住[9]
  1. ^ 「固有」は、古代ギリシア人(ヘレネス)固有の神、「先住」はギリシア先住民の神、「外来」は非ギリシア起源の神、「東方」は外来かつオリエント起源の神を指す
  2. ^ 「ティーターン」は広義の(12柱の兄弟姉妹以外も含む)ティーターン、「オリュンポス」はオリュンポス12神を指す。

十二神ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 十二(δώδεκα, dōdeka) + 神々(θεοί, theoi
  2. ^ ヘーラーは本来、古代ギリシア人の女神ではなく、先住民の大女神であった。ギリシアの地に侵攻し先住民を征服した古代ギリシア人が、先住民との宥和を目的に、彼らの主神ゼウスの妃とした。
  3. ^ アテーナーは元々、先住民の女神と考えられ、豊穣の大女神で都市守護神であった。アテーナーを「処女神」とし、ゼウスの娘とすることで、オリュンポスの秩序が生み出された。
  4. ^ 「コレ」とは古代ギリシア語で、「娘・少女・乙女」の意味で、デーメーテールの娘であることよりこう呼ばれる。コレとデーメーテールは、母娘二柱の女神として、エレウシスの秘儀を初めとして、古代ギリシアの秘教において崇拝された二大女神であった。
  5. ^ 高津『ギリシア・ローマ神話辞典』 p.25。
  6. ^ アテネは、イオーニア方言形で、女神の古い名アテナより派生した。アテナは、アテナイア(ホメロスではアテナイエ、つまりアテナイの女)に由来する。高津『ギリシア・ローマ神話辞典』
  7. ^ プルートーンとは「富める者」の意味で、ハーデースの別称である。ラテン語の神名プルートーは、この名より派生している。高津『ギリシア・ローマ神話辞典』
  8. ^ これらの判断は、高津『ギリシア・ローマ神話辞典』の各神の項目の記述に従った。
  9. ^ ペルセポネーは、コレーの名で呼ばれるデーメーテールとの「母娘二柱女神」としては、古代ギリシア民族固有の女神であるが、「ペルセポネーという名」は先住民のものと考えられる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]