コレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コレー古希: Κόρη, Korē)は、ギリシア神話において、ゼウスデーメーテールとの間に生まれた娘ペルセポネーの別称である。ちなみにデーメーテールが「母」を意味するのに対し、コレーは「若い娘」を意味する。

その神話については、デーメーテール及びペルセポネーを参照されたい。日本では長母音省略表記のコレでも知られる。

コレーはハーデースにさらわれ、その妃になってからペルセポネーと呼ばれるようになったとする説もある[1]

美術史においてはアルカイク期のギリシアにおける若い女性の彫像が「コレー像」(文字通り「乙女像」)と呼ばれる。若い男性像は「クーロス」とよばれ、コレー像・クーロス像は若い男女の彫像の典型であった。コレー像は、アルカイク・スマイルを浮かべ、アテナ神への捧げ物を持った着衣・直立不動の姿で表現される。

出典[編集]

  1. ^ 里中満智子 『マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス』 中央公論新社