エウリュディケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルペウスとエウリュディケ、フェデリーゴ・チェルヴェッリ

エウリュディケー古希: Ευρυδίκη, Eurydíkē)は、ギリシア神話に登場する森の木のニュムペーである。長母音を省略してエウリュディケとも表記される。

オルペウス結婚するが、新婚早々毒蛇に足を噛まれ死亡。エウリュディケーを深く愛するオルペウスが、冥府の神ハーデースとその妻ペルセポネーに懇願し「冥府から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならない」という条件で地上に戻る事を許されるが、その帰途、もうすぐで冥府から抜け出すという直前でハデスとの条件を破り、振り向いてエウリュディケーを見てしまったため冥府に連れ戻された。

この神話は、日本神話イザナギイザナミ黄泉の国における物語と類似しており、比較されることがある。