アケローン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アケローン川は、ギリシア北西部のイピロス地方に所在する。アケローンは、「嘆きの川」「苦悩の川」と訳すことができ、古代ギリシア神話カローンが死者の魂を冥界ハーデースへと渡す、地下世界の川ステュクスの支流と信じられた。

アケルージアと呼ばれる湖と今もアケローンと呼ばれる川が、近接するネクロマンテイオン(en:Necromanteion)の遺跡とともに、コルフ島対岸の本土側パルガ(en:Parga)近郊にある。

アケローン川のもう一つの支流が、アケルージアン洞窟(今のトルコエレーリ)で地表に湧き出ると信じられ、ロドスのアポローニオスの伝えるところでは、アルゴ船の乗組員によって目撃されたとのことである。

イタリア半島に植民したギリシア人たちは、アケローン川が流れ込むアケルージア湖と、アヴェルナス湖(en:Avernus)を同一視した。

プラトンは、『パイドン』の中で、アケローンを世界で2番目に大きな川であるとし、これを超えるのはオーケアノスのみであるとしている。彼は、アケローン川は人の住まない地の大地の下をオケアノスとは逆の方向に流れていると主張した。

この語アケローンは時として、ハデスそれ自体を指すもの(提喩)として使われる。

その川の神アケローンは、オルプネ(en:Orphne)あるいはゴルギュラとの間にアスカラポスをもうけ父親となった。

ウェルギリウスは、『アエネーイス』第6巻の地下世界の記述の中で、他の地獄の川とともにアケロンに言及している。

ダンテの『神曲』“地獄篇”において、アケローン川は地獄前域で地獄との境界をなしている。ギリシア神話に従えば、カロンがこの川を越えて死者の魂を地獄へ渡しているという。