オネイロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オネイロス古希: Ὄνειρος, Oneiros)、複数形オネイロイ古希: Ὄνειροι, Oneiroi)はギリシア神話の神である。ギリシア語で「夢」を表す語であり、その神格化である。ヘーシオドスの『神統記』によれば、ニュクス(夜)の息子であり、ヒュプノス(眠り)とタナトス(死)の兄弟。

概説[編集]

オネイロスは眠りあいだにあって人の心を休ませ、同時に神意を伝える者として重要な意味を持った。古代において夢占いが盛んであったが、オネイロスのメッセージを解き明かすことが神の意図を知ることでもあった。

『オデュッセイア』によれば、オネイロイはオーケアノスの遙か西の彼方、太陽が沈むところに住処を持っているとされる。それは死の国の近くでもあった。夢の国からオネイロイは、二つの門のどちらかを潜って人間の世界を訪れる。象牙の門から出てくるオネイロスは、実のない偽りを人に伝え、他方、磨かれた角の門から出てくるオネイロスは、真実を伝えるとされた。

またオウィディウスの『変身物語』が述べるところでは、眠りの神(ヒュプノス)の住処がキンメリオイの国近くの深い山のなかにあるとされる。それは洞窟で、そのもっとも奥深い場所に眠りの神が象牙の寝台で眠っており、その周りに形の知れない空しい夢があやしくも漂っているとされる。ここから人の夢に、定かならぬ姿や形が現れるのである。

3種類の夢[編集]

この眠りの洞窟の奥の寝台のまわりに漂う夢たちには、3種類があるとされる。

  • モルペウス (Morpheus):人の姿を取る夢
  • ポベートール/イケロス (Ikelos):獣の形を取る夢
  • パンタソス (Phantasos):物体の形を取る夢

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • 呉茂一 『ギリシア神話』 新潮社

外部リンク[編集]