シモエイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シモエイス古希: Σιμόεις, Simoeis, ラテン語: Simois)は、ギリシア神話の神である。オーケアノステーテュースの子で[1]トローアス地方を流れるスカマンドロス河の支流シモエイス河の河神である。娘にアステュオケー、ヒエロムネーメーがおり、アステュオケーはトロイアエリクトニオスの妻となってトロースを生み、ヒエロムネーメーはアッサラコスの妻となってカピュスを生んだという[2]トロイア戦争では、ヘーラーが戦車を駆ってスカマンドロス河とシモエイス河の合流地点にやって来て、戦車から神馬たちを放したとき、シモエイスは神馬たちが食べるためにアンブロシアを生え出させた。またスカマンドロスが大水を起してアキレウスを襲ったときに助力した[3]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、342。
  2. ^ アポロドーロス、3巻12・2。
  3. ^ 『イーリアス』5巻、21巻。

参考文献[編集]