テュケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルディアヌス3世のコインの裏に刻まれたテュケー。
アンティオキアのテュケー、バチカン美術館燭台のギャラリー。

ギリシア神話においてテュケー古希: Τύχη, Tȳchē)は都市の財産と繁栄、そしてその運命を司る中心的な女神であった。その名は「」を意味するギリシャ語で、ローマ神話フォルトゥナに対応する。ヘレニズム時代、次第に各々の都市はそれぞれの城壁を模した城壁冠を被ったテュケーを祭るようになった。文学における彼女の家系も様々で、ヘルメースアプロディーテーの娘とされたり、オーケアニデスオーケアノステーテュースの娘)の一人とされた。更に、ネメシスアガトス・ダイモーン(善き霊)と結び付けられた。

ヘレニズム時代、キリスト教化までの3世紀間の硬貨にはテュケーが刻まれたものが多く見られ、エーゲ海の都市で顕著である。

中世美術では彼女はコルヌコピアを持ち、運命の輪と共に描かれ、運命の輪の全てを統括していた。

また、ガンダーラのギリシャ仏教芸術ではハーリティー(鬼子母神)と密接に関連する。

関連項目[編集]