テュケー (仮説上の惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テュケー (Tyche) は、太陽系オールトの雲の領域を周回していると予測された仮説上の天体で、惑星もしくは惑星質量天体である。

理論[編集]

1999年に、ルイジアナ大学のジョン・マティス (John Matese) が提唱した、仮説上の天体である。また、太陽の未発見伴星ネメシスの提唱者のダニエル・ホイットモア (Daniel Whitmore) も、この学説を強力支持し、予測を立てていた。2010年11月の科学雑誌『イカルス英語版』掲載の論文にて、より詳しい予測が発表された[1]

論文では、長周期彗星の軌道を計算した結果、太陽から15,000天文単位(2兆2440億km、0.24光年ほど)ぐらいのところに、木星もしくはそれ以上の質量の天体が、180万年ほどの周期で、太陽を周回していると予測された。この距離はオールトの雲の領域にあたる。褐色矮星の可能性も指摘されていたが、最新研究では大まかなところ木星の4倍ぐらいの質量で、大きさは木星と同じぐらいと想定されていた。ケルビン・ヘルムホルツ収縮の式により、表面温度は -73℃ (200K) と推定された。

観測[編集]

過去の観測では、1983年IRASの赤外線探査により、太陽より10,000天文単位以内に、太陽以外に、木星の5倍以上の質量の天体がないという探査結果が明らかにされていた。

2009年12月14日に打ち上げられた広域赤外線探査衛星 (WISE) の探査と、2012年3月の全データ公開により、存在の有無が明らかになることについて、期待する科学者もいた[2]。しかし後の研究では、WISEの観測データから太陽より26,000天文単位以内に新たな木星質量以上の天体は存在せず、また10,000天文単位以内では土星質量の天体も存在しないとの結果が公表されている。[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]