メンテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メンテー古希: Μένθη, Menthē)、あるいはミンター古希: Μίνθα, Minthā)は、ギリシア神話に登場するコキュートス川のニュムペーである。長母音を省略してメンテミンタとも表記される。

神話[編集]

数少ないハーデースの浮気相手。冥王ハーデースはコキュートス川のニュンペーメンテの美しさに魅了されてしまい、それに気付き嫉妬に狂ったペルセポネーは「お前などくだらない雑草になってしまえ」とメンテを踏みつけて恐ろしい呪いをかけ、メンテーは草に変えられてしまった。以来この草はミントと呼ばれ、ミントはハーデースの傍、神殿の庭で、 愛らしい存在感を保ったまま咲き誇り続けた。地上でも今も陽光を浴びる度に芳香を放ち、人々に自分の居場所を知らせるのだという。

もしくは、地上を見回っていた冥府の王ハーデースに目を付けられ、攫われようとしていた。しかし自らも攫われて妻となったペルセポネーがそれに気付き、彼女を一時的に香りの良い小さな草に変えて茂みへ隠し、ハーデースの目から隠してやったともいわれる。

なお、ペルセポネーは単にメンテーを雑草に変えただけで、それを芳香を放つミントへと変えたのは彼女を憐れんだハデスだという説もある。