ギリシア神話の神々の系譜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギリシア神話に登場する・半神の系譜図

 
 
 
 
カオス
混沌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タルタロス
奈落
 
ガイア
大地
 
 
 
 
エロース[1]
愛/欲望
 
 
 
エレボス
暗黒
 
ニュクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モロス
(定業)
 
オネイロス
(夢)
 
ネメシス
(復讐)
 
モーモス
(嘲り)
 
ピロテース
(愛情)
 
ゲーラス
(老年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューポーン
 
ウーラノス
天空
 
 
ウーレアー
山々
 
ポントス
 
アイテール
天空
 
ヘーメラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タナトス
(死)
 
ヒュプノス
(眠り)
 
エリス
(不和)
 
アパテー
(欺瞞)
 
オイジュス
(苦悩)
 
モイライ &
ケーレス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリーニュース
 
ギガンテス
 
メリアス
 
アプロディーテー[2]
 
ヘカトンケイル
 
ティーターン
 
キュクロープス
 
エキドナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
ヒュペリーオーン
 
テイアー
 
コイオス
 
ポイベー
 
クロノス
 
レアー
 
テミス
 
ムネーモシュネー
 
クレイオス
 
イーアペトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーケアニデス
 
 
 
クリュメネー
 
ヘーリオス
 
 
エーオース
 
 
 
アステリアー
 
 
デーメーテール
 
 
ヘスティアー
 
 
ヘーラー
 
 
 
 
 
 
 
 
プロメーテウス
 
 
エピメーテウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーナコス
 
メリアー
 
 
 
ヘーリアデス
 
セレーネー
 
 
レートー
 
ハーデース
 
 
ポセイドーン
 
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
ムーサイ
 
アトラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーオー
 
プレーイオネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アポローン
 
アルテミス
 
 
 
ペルセポネー
 
アテーナー
 
 
ヘーベー
 
 
ヘーパイストス
 
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュアデス
 
ヘスペリス
 
プレイアデス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エパポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エニューオー
 
エイレイテュイア
 
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドリュオペー
 
 
 
 
 
 
マイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルクメーネー
 
 
 
セメレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルメース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アプロディーテー[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
 
ディオニューソス
 
 
パーン
 
テュケー
 
ロドス
 
ペイトー
 
エウノミアー
 
ヘルマプロディートス
 
 
エロス[1]
 
 
ハルモニアー
 
 
デイモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンテロス
 
ヒメロス
 
ポボス
 
 
 

注: 太字はオリュンポス十二神。

注: 薄緑背景はティーターンの十二の神。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b エロースはアレースとアプロディーテーの息子であると普通は言われるが、ヘーシオドス神統記)はカオスより生まれ、世界の始まりより存在する原初神の一柱と位置づけている。
  2. ^ a b アプロディーテーの出自には主に二つの説がある。ヘーシオドス神統記)にはクロノスが切り落としたウーラノスの男性器の泡から生じ、ウーラノスの娘とされる。しかしホメーロスイーリアス 5巻)には、アプロディーテーはゼウスとディオーネーの娘であるとされる。またプラトン饗宴180e)によると、これら二つの説は全く別の存在であるとされる(天上のアプロディーテー大衆のアプロディーテー)。

関連項目[編集]