レアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レアー

レアー古希: Ῥέα, Rheā)は、ギリシア神話に登場する女神である[1]ティーターンの1柱で、大地の女神とされる[1]レイアー古希: Ῥεία, Rheiā)ともいい[2]長母音を省略してレア[1]レイアとも表記される[3]

概要[編集]

ヘーシオドスの『神統記』などによれば、父はウーラノス、母はガイアで、オーケアノスコイオスクレイオスヒュペリーオーンイーアペトスクロノステイアーテミスムネーモシュネーポイベーテーテュースと兄弟[4]。またレアーがクロノスとの間に産んだ神々はヘスティアーデーメーテールヘーラーハーデースポセイドーンゼウスである[5]

神話[編集]

夫のクロノスがレアーとの間の子供達を飲み込んだ時は、それを嘆いたレアーはクレーテー島に行きゼウスを生んだ。生まれたばかりのゼウスの代わりに産着に包んだ石を飲ませ、ゼウスをガイアに託し、クレーテー島のニュムペー達とアマルテイアとクーレース達に預けて育てさせた[6](ポセイドーンも仔馬を代わりに飲ませて助けたともいわれる[1])。ティーターノマキアーの際はヘーラーを守るためにオーケアノスとテーテュース夫婦に預けた[1]。その後もレートーの出産に立ち会ったり[7]、ハーデースがペルセポネーをさらった際にハーデースとデーメーテールの争いを調停したり[8]、ヘーラーに迫害されたディオニューソスを助けて密儀を授けたりしている[9]。 その象徴はライオンオーク、小塔冠(塔の形をした王冠)、豊穣の角。 夫のクロノスがローマ神話サートゥルヌスと同一視された事から、後にサートゥルヌスの妻オプスと同一視される[1]

小アジアプリュギアに由来しローマでも長年に渡り崇められた大地の女神キュベレーと同一視されることもあった[1]

歴史[編集]

紀元前三千年頃からクレーテー島を中心に栄えた地中海文明(エーゲ文明)で崇められていた神々の中の最高神は、多くの古いアジアの信仰の最高神と同じく女神であり、植物や豊穣の女神であり万物の母であった[6]。 その固有の神名は伝えられていないが、クレーテー島ではレアーと呼ばれ信仰されていた[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店
  2. ^ 木村点 『早わかりギリシア神話』 日本実業出版社 2003年
  3. ^ 松島道也 『図説ギリシア神話 【神々の世界】篇』 河出書房新社 2001年
  4. ^ ヘーシオドス、133~138。アポロドーロス、1巻1・3。
  5. ^ ヘーシオドス、453~458。アポロドーロス、1巻1・5~1・6。
  6. ^ a b c フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社
  7. ^ 『ホメーロス風讃歌』第3歌(「アポローン讃歌」)
  8. ^ シブサワ・コウ 『爆笑ギリシア神話』 光栄
  9. ^ 松村一男『世界の神々の事典 神・精霊・英雄の神話と伝説』学研〈Books Esoterica 事典シリーズ 5〉、2004年、ISBN 4-05-603367-6

参考文献[編集]

関連項目[編集]