ポボス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポボス古希: Φόβος, Phobos)は、ギリシア神話に登場する恐怖の神である。その名は「敗走」の意で、古くは敗走を表す神であったが、後に混乱、狼狽、恐怖を表す神となった。後代にはフォボス、またラテン語化してフォブス (Phobus) とも呼ばれる。ローマ神話におけるティモールと同一視される。

軍神アレースと美の女神アプロディーテーの息子であり、兄弟にデイモス(恐慌)とハルモニアー(調和)がいる。また、エロースとも兄弟ということになる。兄弟のデイモスや叔母のエニューオー(戦い)、時には叔母のエリス(争い、不和)と共に、常にアレースに従属して戦場を跋扈したという。

元はヘーシオドスの『神統記』における恐怖の擬人化である。

英語フォビア(Phobia, 恐怖、恐怖症と訳される)の語源ともなった。また、アサフ・ホール火星の二つの衛星を発見した際、ポボス(フォボス)とデイモス(ダイモス)の兄弟から名前を付けたことで広く知られている。