ヒュプノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hypnos Tivoli Massimo.jpg
ヒュプノスとタナトスが描かれた壺

ヒュプノス古希: Ὕπνος, Hypnos)とは、ギリシア神話に登場する眠りの神である。ヒュプノスとはギリシア語で、「眠り」の意味で、眠りを神格化した神である。ローマ神話におけるソムヌス(Somnus)に相当する[1]

概説[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によれば、ヒュプノスは、ニュクスの息子で、その兄弟にはタナトスモロスなどの「」を意味する神々がいる。また夢(オネイロス)がヒュプノスの兄弟でもある。

兄のタナトスと共に、大地の遥か下方のタルタロスの領域に館を構えている。そしてニュクスが地上に夜をもたらす時には、彼も付き従って人々を眠りに誘うという。兄のタナトスが非情の性格であるのに対し、ヒュプノスは穏やかで心優しい性格であるとされる。人の死も、ヒュプノスが与える最後の眠りであるという。

一般には有翼の青年の姿で表され、疲れた人間の額を木の枝で触れたり、角から液体を注いだりして人を眠らせるという。

オウィディウスによれば、眠りの神ヒュプノスはレームノス島の奥深い洞窟に眠っており、その周りに、モルペウスをはじめとする三種類の夢の神、オネイロイが漂っているとされる。また、キムメリオス人の住むという世界の果ての島の近くに暮らすともいわれる[2]

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ラテン語: somnus はやはり「眠り」の意。なお2つの語は同語源である : somnus < *sopnos ; hypnos < *supnos ; いずれも印欧祖語からの規則的な変化。
  2. ^ マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店

関連項目[編集]