ムネーモシュネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロセッティによるムネモシュネ(1876年-1881年ごろの作品)

ムネーモシュネー古希: Μνημοσύνη, Mnēmosynē)は、ギリシア神話に登場する記憶を神格化した女神である。日本語では長母音を省略してムネモシュネとも呼ぶ。

ウーラノスガイアの娘で、ティーターン族の一人であり、オーケアノスコイオスクレイオスヒュペリーオーンイーアペトスクロノステイアーレアーテミスポイベーテーテュースと兄弟[1]

またゼウスとの間に9人のムーサ(ミューズ)たち、カリオペークレイオーメルポメネーエウテルペーエラトーテルプシコラーウーラニアータレイアポリュムニアーを生んだ[2]

ヘーシオドスの『神統記』によると、ムネーモシュネーはエレウテールの丘の主で、ピーエリアにおいてゼウスと9日間に渡って添い臥し、人々から苦しみを忘れさせる存在として9人のムーサたちを産んだという[3]

ムネーモシュネーは名前をつけることを始めたとされ[4]、また学問の道を究めるときにはムネーモシュネーとムーサたちに祈願された[5]

なお、小惑星番号57番の小惑星帯小惑星はムネーモシュネーにちなんで命名された。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、133~138。アポロドーロス、1巻1・3。
  2. ^ ヘーシオドス、51~80、915~917。アポロドーロス、1巻3・1。
  3. ^ ヘーシオドス、51~63。
  4. ^ シケリアのディオドロス、5巻67・3。
  5. ^ 『パイアン』第7歌b16~20(断片52h)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]