ドーリア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドーリア人 (ギリシア語: Δωριείς Dories, 英語: Dorians)、又はドーリス人ドリス人は、アイオリス人イオニア人と並ぶ古代ギリシアを構成した集団のひとつ。紀元前1100年頃ギリシャに侵入し、主にペロポネソス半島に定住した。ギリシア語のドリス方言を話し、代表的な都市はスパルタである。

歴史[編集]

ギリシア神話によると、その名は、彼らの祖が主神ゼウスレーダーの子ヘレネーの息子ドーロスが移住した、ドリス地方を故郷と考えていたことに由来する。

紀元前1100年ミケーネ文明が衰退すると、その領域を切り取るかたちで、彼らは鉄の武器で先住民を征服しながらペロポネソス半島エーゲ海の島々に侵入し、数世紀後にはさらにアナトリア半島沿岸部やシチリア南イタリアなどの広範囲に植民した。

文化[編集]

ギリシア語にはドリス方言があり、建築様式にはドーリア式がある。ドーリア式はそのシンプルで力強い様式が特徴。

その後[編集]

ミケーネ文明はその後崩壊し、文字も失われた。紀元前1200年ころから紀元前800年ころまでは、文字による史料がなく、詳しい歴史が分からないため、ギリシャ史上の暗黒時代とも呼ばれている。

この暗黒時代の後に、ポリスを中心とする古代民主制の時代が到来する。

関連項目[編集]