レーテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーテーLethe, 古希: λήθη, Lēthē古代ギリシア語発音 [ˈlεːt̪ʰεː]、現代ギリシア語: [ˈliθi])は、古代ギリシア語では、「忘却」あるいは「隠匿」を意味する。レーテーは、「真実」を意味するギリシア語、つまり「非忘却」「非隠匿」を意味する a-lethe-ia (αλήθεια) と関連がある。

ギリシア神話でのレーテーは、黄泉の国にいくつかある川の1つである。川の水を飲んだ者は、完璧な忘却を体験することになる。

レーテーはまたナーイアス(水のニンフ)でもあるが、水の精としてのレテは多分に、レテの名を持つ川と関連付けるよりも、独立した忘却の象徴として扱われる。

レーテーはエリスヘーシオドスの『神統記』では不和の女神)のであり、アルゴスらの姉妹である。

宗教や哲学における役割[編集]

古代ギリシア人の一部は、魂は転生の前にレーテーの川の水を飲まされるため、前世の記憶をなくすのだと信じていた。プラトンの『国家篇』最終章『エルの物語』では、アムレス(「不注意」の意)川の流れる「レテの平原」にたどり着いた、死者の話を語っている。

いくつかの神秘主義的宗教では、別の川ムネーモシュネーの存在も伝えられている。ムネーモシュネーの川の水を飲んだ人々は、すべてを記憶して全知の領域に達する。入会者は死後に、レーテーの代わりにムネーモシュネーの水を飲む選択を得ると教えられていたのである。

紀元前4世紀、もしくはさらに古い時代のものと思われる黄金の平板に、これら2本の川の名を含む韻文の銘が発見されているが、これは南イタリアの Thurii や、その他のギリシア世界のいたるところで発見される。

レーテーとムネーモシュネーの川は、ボイオーティアのトロフォニウスの聖地にあり、崇拝者は神の諮問を受ける前に、その水を飲んだのだという。

近年では、マルティン・ハイデッガーが「存在の隠蔽」や「存在の忘却」を現代哲学の重大な課題とみなし、「レーテー( lēthē )」をその象徴とした。その例が、ニーチェの著作 (Vol 1, p. 194) やパルメニデスの本に見られる。

現実の川[編集]

アラスカ州のレテ川

スペインガリシア州オウレンセ県行政区にあるシンソ・デ・リミア近くの小さな川、リミア川には伝説のレーテー川同様、記憶をなくす力があると、古代の著作者の間では言われてきた。

紀元前138年、ローマの将軍デキムス・ユニウス・ブルートゥス・カッライクスが神話に決着をつけようとしたのは、この地域での軍事作戦をリミア川が妨げたためであった。彼はリミア川を横切り、岸の向こうから一人ずつ、兵士の名を呼んでみせたと伝えられる。兵士は、将軍が自分たちの名前を忘れていなかったので驚愕し、同様に恐れることなく川を横切った。この行為によってリミア川は、地域の伝承で語られるような危険なものではないと証明された。

アラスカ州には、万煙谷カトマイ国立公園)を流れるレテ川が存在する。

芸術等への登場[編集]

[編集]

ウォルター・サヴェジ・ランドール Walter Savage Landor は、時が飛ぶように過ぎる様子を、レーテーの水滴を時が翼につけるという比喩で表現した。

愛、悲しみ、人の営みのすべてに、時はその翼でレテの水を振りかける

On love, on grief, on every human thing, Time sprinkles Lethe's water with his wing.

神曲』では、レーテーの流れは地表から地球の中心へと流れ、その源流は煉獄の山頂のエデンの園に位置するとされる。

ジョン・キーツの詩『憂愁のオード』は、冒頭「いや いや 忘却(レテ)の川へ行ってはならぬ」(No, no! Go not to Lethe.)で始まる。彼の『ナイチンゲールに寄す』の「 Lethe-wards (レテ)」は、語り手を沈めて「drowsy numbness (にぶい痺れ)」を生じさせる。

バイロンの『ドン・ジュアン』第4篇第4節

And if I laugh at any mortal thing,
'T is that I may not weep; and if I weep,
'T is that our nature cannot always bring
Itself to apathy, for we must steep
Our hearts first in the depths of Lethe's spring,
Ere what we least wish to behold will sleep:
Thetis baptized her mortal son in Styx;
A mortal mother would on Lethe fix.

エドガー・アラン・ポーは詩『死美人』で、レーテーのような水面を包含する「不変の谷」が「眠っている」様子を表現した。

見よ! 湖はレテに似て、浅いまどろみのように見ゆるも、決して目覚めぬ

"Looking like Lethe, see! the lake
A conscious slumber seems to take,
And would not, for the world, awake.

ボードレール作『悪の華』中の詩『憂愁』(初版第61篇、再版第77篇)は次のような行で終わる。

何人たりとも、この生ける屍を温めることはできぬ
血ではなく、レテの緑の水が流れる体を

II n'a su réchauffer ce cadavre hébété
Où coule au lieu de sang l'eau verte du Léthé

ボードレールはまた「レテ Le Léthé 」と題した詩も作っており、その中では、礼賛に値するも無慈悲な女性がレーテー川の忘却の比喩として用いられる。

フランスロマン派の詩人、ラマルティーヌは『谷間 Le Vallon 』の中で次のようにレーテー川に触れている。

我が人生において既に、見るに倦み、感ずるに倦み、愛するに倦みき
我いまだ命永らえ、レテの静けさを求めたり

J’ai trop vu, trop senti, trop aimé dans ma vie; Je viens chercher vivant le calme du Léthé.

スウィンバーンの『プロセルピナ讃歌』に

レテの水を飲み

We have drunken of things Lethean...

という行があり、キリスト教が公式宗教となって古代ローマの原宗教の伝統と信仰が衰えていくのを嘆いている。

エドナ・ミレイの詩『レテ Lethe 』では、川は次のように表現された。

痛みを忘れさせ、美を取り戻させる

the taker-away of pain,
And the giver-back of beauty!

アフリカン・アメリカンの詩人フェントン・ジョンソン (1888-1958) による詩『真紅の女 The Scarlet Woman 』では、若い女性が飢餓のあまり売春に走る。 詩は次のような行で結ばれている。

今や私は、周囲数マイル以内にいるどの男よりも、ジンを飲むことができる
レテの水を飲み干すよりもジンの方がましだ

Now I can drink more gin than any man for miles around.
Gin is better than all the water in Lethe.

シルヴィア・プラスの1962年の詩『あと一息 Getting There 』は次のように結ばれている。

そして私はこの皮膚を脱ぎ捨てるのだ 古い包帯、倦怠、老けた顔
レテの黒い車からあなたに近づく 赤ん坊のように純粋に

And I, stepping from this skin
Of old bandages, boredoms, old faces

Step up to you from the black car of Lethe,
Pure as a baby.

アレン・ギンズバーグの詩『カリフォルニアのスーパーマーケットで A Supermarket in California 』でも、レーテーの川に触れている。

ビリー・コリンズは詩『忘却 Forgetfulness 』で次のように述べている。

暗い神話の川よ 思い出す限り、その名はLで始まる

a dark mythological river
whose name begins with an L as far as you can recall.

シャーロット・ターナー・スミスは『ソネットV: ダウンズ川に To the River Downs 』でレーテー川の忘却を欲する。

あなたが海へと運ぶ透明な波のように
レテのような水をコップに1杯与えることができますか
飲んですべてを忘れてしまえるように

As to the sea your limpid waves you bear,
Can you one kind Leathean cup bestow,
To drink a long oblivion to my care?

バイロンの詩『汝を忘れず Remember Thee! Remember Thee! 』でもレーテーに触れている。

ウェルギリウスの叙事詩『アエネイス』6巻でアエネアスは、「滑らかな液体で長い忘却の飲み物」つまりレーテー川の水をローマの未来の英雄が飲む様子を先見する。

小説[編集]

ジェイムズ・L・グラントのホラー小説『レテの岸辺で On the Banks of Lethe 』は、失われた記憶という本のテーマを暗示している。

ナサニエル・ホーソーンの小説『緋文字』の第4章で、ロジャー・クリングワースは「レテもネプチューンも知らない」と主張する。

ロバート・A・ハインラインの小説『愛に時間を』には、「ネオ・レテ Neolethe 」(Counterpoint I の章を参考)という強力な鎮静剤が出てくる。

トニ・モリスンの小説『ビラヴド Beloved』では、主人公の名前セテ Sethe は、水の力、特に彼女の過去を風化することができるというモチーフに基づいている。

ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』において、エイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授がルーシーに、「レテの川の水のような匂いがする」(Stoker, 192)と言って、彼女の部屋にニンニクを置いてドラキュラよけにするようアドバイスする場面がある。

C・S・ルイスは著書『天国と地獄の離婚 The Great Divorce 』でレテに触れ、

それは山の上にあり、とても冷たく澄みきっていて、緑の丘2つの間にある。少しレテに似ている。その水を飲むとあなたは、自分の作品の所有権をすべて永遠に忘れてしまうだろう。

It is up there in the mountains, very cold and clear, between two green hills. A little like Lethe. When you have drunk of it you forget forever all proprietorship in your own works.

と書いている。滝の話をしている聖霊は、芸術家に天国について説明し、間もなく彼が自分の作品の所有権をすべて忘れるだろうと語る。

マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』「スワンの恋」の章で、語り手は、うわべは失われてしまったかのような記憶を手繰りながら、次のように語る。

…思い出そうと努め、自分自身の心の奥に、レテの水から土の区域を取り戻してついに再び建物が建ち上がるのを感じた。

...trying to remember, feeling deep within myself a tract of soil reclaimed from the waters of Lethe slowly drying until the buildings rise on it again;

サーシャ・ソコロフの処女小説『馬鹿たちの学校』では、無名の語り手はロシアの田園地帯を貫いて流れるレテのような川について何度も言及し、それが重要な意味を持つ。

ヘンリー・デイヴィッド・ソローが書いた『ウォーキング Walking 』では、次のように書かれている。

大西洋はレテの流れであり、我々は大西洋を旅することで、旧世界とそのしきたりを忘れ去る機会を得たのである。
もし我々が今回失敗したとしても、ステュクスの岸辺にたどり着く前に、おそらくもう一度チャンスは残されているだろう。
つまり大西洋のレテは、3倍も幅広いのだから。

The Atlantic is a Lethean stream, in our passage over which we have had an opportunity to forget our Old World and its institutions. If we do not succeed this time, there is perhaps one more chance for the race left before it arrives on the banks of the styx ; and that is in the Lethe of the Pacific, which is three times as wide.

グレアム・グリーンの小説『第十の男』第17章で、主人公シャーロットは、はったり屋のカロッセが傷つきやすいマドモワゼル・マンジョを楽しませているのを見かける。

彼はゲームをよく知っているから、とシャーロットは考えた。落ち着きのないプレイボーイは、ほとんどの人々が愛や平和よりも欲しいものを、どのように提供するべきか知っている。言葉は水のような ― レテの水のようなものだ

He knew the game so well, Charlot thought: the restless playboy knew how to offer what most people wanted more than love—peace. The words flowed like water--the water of Lethe.

スティーヴン・キングの小説『ローズ・マダー』では、ローズは水を飲まないよう警告されて川を横切るはめになる。物語の後半では、川の水が飲み物に数滴混ぜられ、ビルの記憶から、本の結末の後半部分に関する部分を消すために使われる。

ピアズ・アンソニイの『With a Tangled Skein』では、ニオベは娘と孫娘に同行し、魔法の絵筆とハープを探す旅に出る。探索の旅の間に3人は、幻覚のレテを横切らねばならなくなる。のちに地獄で、ニオベは再び川を横切らねばならなくなるが、それが本当のレテであるかもしれないと疑問に思う。

Valeer Damen の小説『 KATABASIS 』では、主人公の1人が、来世に生まれ変わる過程として、レテの川を見つけて横切らねばならなくなる。

平野が広がる。通過。戦場のようだ。行動と思考のエネルギー合計のすべてがそこにある。風が吹いている。試練はそこにある、役人、工作員が上からも下からも。輸入役人はテストを説く手伝いも最終審判を助けることもできない。結局は、川のみだ。

There is the plain. Transit. Like a battlefield. All the energy totals of actions and thoughts are there. Wind blows. Tests are there, functionaries, agents from above and below. Introduction functionary cannot help solve tests or help in final adjudication. In the end, river.

—ダーメン 21

戯曲[編集]

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』では、アントニーが、シーザーの血に濡れた殺人者の赤い手を見て次のように言う。

ここに汝は倒れ、ここに汝の狩人は立つ。汝の戦利品に署名し、汝の血でレテを染めた

Here didst thou fall; and here thy hunters stand,/Sign'd in thy spoil, and crimson'd in thy Lethe.

—III.i.215

加えて、シェイクスピアの『十二夜』では、セバスチャン役がレテの話題に触れる。

レテに浸されて、私の感覚は漂っている。それがこのような夢であるなら、私を眠らせたままにしてくれ!

Let fancy still my sense in Lethe steep; If it be thus to dream, still let me sleep!

—IV.ii.61

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ハムレット』では、ハムレットの父の幽霊が王子に次のように言う。

汝が利発であることは知っている。

I find thee apt, And duller shouldst thou be than the fat weed That roots itself in ease on Lethe wharf, Wouldst thou not stir in this.

—Act 1, scene V

アントニーとクレオパトラ』では、セクストゥス・ポンペイウスが、アントニーの想定していた軍の無気力について語り、次のように希望する。

エピキュリアン料理。

Epicurean cooks / Sharpen with cloyless sauce his appetite, / That sleep and feeding may prorogue his honour / Even till a Lethe'd dullness–

—II.i.24-27

ゲーテファウストでは、風の精霊アーリエルをはじめとするエルフ(精霊)達に囲まれ、ひとときの安息と"過去の忘却"を得たファウストが、最愛の女性グレートヒェンが自分との過ちのために処刑された悲しみを、ファウスト博士が豊かな自然の中で癒す第2部第1幕の場面で、アーリエルの言として以下の記述がある。

さっそく、それを優しく満たしてやるがよい。

まず、この人の頭を冷たい枕の上に休ませ、

次に彼をレーテの河の水の雫で湯浴みさせてやれ。


ジョン・ウェブスターの戯曲『白い悪魔』では、ヴィットリアの夫と自身の妻の殺害を企てていたブラキアーノ侯爵が、絶命間際にヴィットリアに言う。

私はすでにレテの水を飲んだ。ヴィットリア? 私のいとしい人? ヴィットリア?

I have drunk Lethe. Vittoria? / My dearest happiness? Vittoria?

—IV.ii.129-30

サミュエル・ベケットのラジオ劇『Embers』において、主要人物のヘンリーが亡き妻との会話をこう記している。

それは地獄に似て、レテの泡のようなたわいもない古き良き時代についてのおしゃべり。我々はあの時代に死んでおくべきだった。

that’s what hell will be like, small chat to the babbling of Lethe about the good old days when we wished we were dead.

セーラ・ルールの『ウリディス Eurydice 』では、レーテー川は演劇の中心テーマとなる。すべての死霊はレテの水を飲んで石に変わり、声なき声で話し、この世のすべてを忘れるのである。

ジャック・オッフェンバックオペレッタ地獄のオルフェ』では、ジョン・ステュクスが、あることを忘れたいがためにレーテーの水を飲む。彼の健忘性は、劇の終わりまで続く。

映画[編集]

ロイ・アンダーソンの『愛おしき隣人』では、ゲーテのロマン詩からの引用がエピグラフとして用いられた。

“Be pleased then, you the living, in your delightfully warmed bed, before Lethe’s ice-cold wave will lick your escaping foot”

この後、路面電車の行先に「 Lethe 」の文字が見える。

テレビ番組[編集]

ジーン・ロッデンベリーの『アンドロメダ』には、 「レテの岸辺 The Banks of the Lethe 」という回がある。

ジョス・ウィードンの『バフィー 〜恋する十字架〜』の「 Tabula Rasa 」という回で、ウィローがレテの Bramble という花を使った呪文を用いて、友人の記憶を一時的に消そうとしていた。

ウルトラマンネクサスにて「レーテ」と呼ばれる装置が登場。人々の記憶を消去して機密を保持する目的で使われていた。

音楽[編集]

  • The Society of Orpheus and Bacchusイェール大学の男声ア・カペラのグループ)が、『 Drinking from Lethe 』というタイトルのアルバムを1992年にリリースしている。
  • トニー・バンクスの初めてのソロ・アルバム『 A Curious Feeling 』では、悪魔と契約を交わし記憶を失った男の物語をうたう歌(9曲目「 The Waters of Lethe 」)が収められている。
  • 作曲家トーマス・アデスの弦楽四重奏『アルカディアナ Arcadiana 』(Op. 12)の、第7楽章と最終楽章は「レテ」と題されている。
  • メリーランド州ジャーマンタウン出身のバンド Clutch は、自身のアルバム『 Pure Rock Fury 』の中の一曲「 American Sleep 」でレーテーについて「 Companion chimera , Lethean grazer. 」と歌っている。
  • スウェーデンのメロディックデスメタルバンドダーク・トランキュリティが1995年にリリースしたアルバム『 The Gallery』には、「Lethe」という歌が含まれていた。
  • トーマス・スリーパーのトランペットのためのコンチェルトの第2楽章は、「...the river lethe」と呼ばれている。
  • ニコラス・ラニアーの『No More Shall Meads be deckt with Flowers』には「Black Lethe shall oblivion leave, before my Celia I deceive...」というくだりがある。
  • ヘンデルのオラトリオ『セメレ』の「Leave me loathsome light」には、「Lethe, why does thy ling'ring current cease? Oh murmur me again to peace!」というくだりがある。
  • フランドル民俗音楽家 Miel Cools は、「Lethe」という題のバラードを録音している。
  • アカイイトのイメージ曲『いつかのひかり』には「流れる"忘却の川(レーテ)"が隔てる彼岸」というくだりがある。
  • 谷村新司のヒット曲『昴』が収録された同名アルバムには「レテの川」という歌が収められている。

科学[編集]

ウィリアム・T・G・モートンは、ジエチルエーテルを史上初めて麻酔薬として使用し、エーテルを「レテオン Letheon 」と呼んだ。

脚注[編集]