エキドナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エキドナ古希: Ἔχιδνα, Echidna)は、ギリシア神話に登場する怪物である。上半身は美女で下半身はで背中に翼が生えた姿をしている[1]。「蝮の女」がその名の意味。

ヘーシオドスの『神統記』ではクリューサーオールオーケアニデスカリロエーの娘とされるが、出自については様々な異説がある(ガイアタルタロス、またはポルキュースケートーの間に生まれたという説がある[2])。また、テューポーンの妻でケルベロスヒュドラーなど多くの怪物達の母でもある。テュポーンがエトナ火山に封印された後、息子のオルトロスと再婚し、ネメアーの獅子パイア(クロミュオーンの猪)、スピンクスを産んだとされる。『神統記』では不死の存在とされているが、ペロポネーソスで家畜を襲っていた際に、百眼の巨人アルゴスに殺害されたという説もある。

元はスキタイ地方の女神だったと考えられている[1]

なお、英語のエキドナ(echidna)はハリモグラを指す。

エキドナの子供達[編集]

テューポーンとの間に生まれた子 
オルトロスとの間に生まれた子
ヘーラクレースとの間に生まれた子

出典[編集]

  1. ^ a b 健部伸明と怪兵隊 『幻想世界の住人たち』 新紀元社
  2. ^ マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店

関連項目[編集]