デルピュネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デルピュネー古希: Δελφύνη, Delphynē)は、ギリシア神話に登場する怪物である[1]長母音を省略してデルピュネとも表記される[1]。上半身は女性で、下半身は蛇(またはドラゴン)の姿をしている[2]。一説によればテューポーンとは血の繋がりがあるといわれている。

ゼウスとテューポーンが戦いテューポーンが勝利した時、テューポーンはゼウスの手足の腱を切りコーリュキオンと呼ばれる洞窟に隠したが、この洞窟の番人をしていたのがデルピュネーである[2]。また、コーリュキオンの洞窟にはゼウスを閉じこめて腱は熊の毛皮に隠し、それをデルピュネーに番をさせたといわれている事もあるが、いずれにしろデルピュネーがゼウスの腱の番をしていたのは確実である[2]

しかしゼウスの救出に向かったヘルメースパーンに騙され腱を奪われたため、結果テューポーンはゼウスと再度戦い最終的には敗北することとなった[2]

またアポローンに倒されたピュートーンの話があるが、これは後からできた話ではないかと考えられている[2]。それによると、デルポイの神託所を支配していたのはデルピュネーで、彼女は予言と引き替えに生け贄を必要としていたためアポローンに退治され、神託所を奪われたとされている話の方が先に作られていたというのである[2]

だが、デルピュネーは神託所を守っており、ピュートーンの前に神託所の番人をしていたのがデルピュネーだという説もある[2]。ちなみにそれによれば、デルポイという地名は彼女の名から取られたのだという[3]。元は神託所で崇められた女神だったのである[2]

出典[編集]

  1. ^ a b マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店
  2. ^ a b c d e f g h 苑崎透 『幻獣ドラゴン』 新紀元社
  3. ^ 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社

関連項目[編集]