ケイローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L'éducation d'Achilleウジェーヌ・ドラクロワ画) ケイローンの背に乗ったアキレウスが描かれている。

ケイローン古希: Χείρων, Cheirōn, ラテン語: Chiron)は、ギリシア神話に登場する、半人半馬の怪物であるケンタウロス族の賢者である。ラテン語ではキロン日本語では長母音を省略してケイロンとも表記される。

ケイローンはクロノスニュンペーピリュラーの子で[1]、クロノスは妻レアーの目を逃れるために馬に姿を変えてピリュラーと交わったことから、半人半馬となったという[2]。またドロプスという兄弟がいたともいわれる[3]

一般に野蛮で粗暴なケンタウロス族の中で、ケイローンは例外的な存在であり、アポローンから音楽、医学、予言の技を、アルテミスから狩猟を学んだという。ケイローンはペーリオン山の洞穴に住み、薬草を栽培しながら病人を助けて暮らした。また、請われてヘーラクレースカストールら英雄たちに武術や馬術を教え、イアーソーンを養育し、アスクレーピオスには医術を授けた。アキレウスの師傅(しふ、教育係)でもあった。 弓を持つケンタウロスのモチーフは知恵の象徴であるケイローンから由来している。

ヘーラクレースとケンタウロスたちとの争いに巻き込まれ、ヘーラクレースの放った毒矢が誤ってケイローンの膝に命中し、不死身のケイローンは苦痛から逃れるために、ゼウスに頼んで不死身の能力をプロメーテウスに譲り、死を選んだ(その死を惜しんだゼウスはケイローンの姿を星にかたどり、射手座にしたという[4])。

ダンテの『神曲』「地獄篇」第十二曲においてダンテ及びウェルギリウスと言葉を交わし、ネッソスに地獄の道案内をするよう命じた。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻2・4。ヒュギーヌス、序文、138。
  2. ^ ロドスのアポローニオス、2巻1231~1241。
  3. ^ ヒュギーヌス、序文。
  4. ^ トマス・ブルフィンチ『ギリシア・ローマ神話』角川文庫、p235.

関連項目[編集]