クレウーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリアモスの娘クレウーサ。フェデリコ・バロッチen)作『アエネアースの逃亡』(1598年, ボルゲーゼ美術館所蔵)の一部

クレウーサ古希: Κρέουσα, Kreoūsa, ラテン語: Creusa)は、「王女」を意味し、この名前を持つ人物がギリシア神話には4人いる。長母音を省略してクレウサとも表記される。

ガイアの娘[編集]

ガイアの娘にあたるナーイアスのクレウーサは、河神ペーネイオスとの間にラピテース族の王ヒュプセウスと娘スティルベー[1]キューレーネーを生んだ。

ライオンが父親の羊を襲った時、キューレーネーはライオンと格闘になるが、たまたま通りかかったアポローンがキューレーネーに恋し、誘拐。キューレーネーを北アフリカに連れて行き、都市キュレネおよびキレナイカ地方の名前の由来となった。キューレーネーはアポローンとの間に息子アリスタイオスをもうけた。

クレオーンの娘[編集]

コリントスクレオーンen:Creon#Father of Creusa)の娘のクレウーサは、メーデイアと離婚したイアーソーンと結婚することになる。しかし、メーデイアは呪いをこめた衣裳をクレウーサに贈ることによって復讐を果たす。この呪いにより、衣裳はクレウーサの肉体にはりつき、脱ごうとするやいなや、クレウーサを燃やした。アポロドーロスの『ビブリオテーケー』(1.9.28)などではグラウケー(Glauce)という名で知られる。

プリアモスの娘[編集]

プリアモスの娘のクレウーサ[2]は、アイネイアース(ラテン語:アエネアース)の妻で、アスカニオス(ラテン語:アスカニウス)の母。ウェルギリウスの『アエネーイス』では、ギリシア軍によってトロイアが略奪され、トロイアを脱出する際に死ぬ。

エレクテウスの娘[編集]

アテーナイエレクテウスErechtheus)とその妻プラークシテアーの娘のクレウーサ[3]。姉妹たちはアテナイを守るために死んだが、クレウーサは幼かったので助かった。ヘーシオドスの『Eoiae』によると、クレウーサには息子アカイオス(Achaeus[4]、娘ディオメーデーがいた。イオーン(Ion)も息子とされ[5]エウリーピデースの『イオーン』ではクラウーサは重要な登場人物で、アポローンとの間にイオーンを、夫クスートスとの間にアカイオスとドーロス(Dorus)をもうけた。アポローンをイオーンの父とする文献はこれのみで、劇のために創案されたものかも知れない。

脚注[編集]

  1. ^ シケリアのディオドロス, IV.69.1
  2. ^ 偽アポロドーロス『ビブリオテーケー』III.12.5
  3. ^ 偽アポロドーロス『ビブリオテーケー』III.15.1
  4. ^ 偽アポロドーロス『ビブリオテーケー』I.7.3
  5. ^ 偽アポロドーロス『ビブリオテーケー』I.7.3