クロートー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロートー古希: Κλωθώ, Klōthō)は、ギリシア神話にあって、運命の三女神すなわちモイライの一柱で、長姉とされる。その名は、「紡ぐ者」を意味する。日本語では長母音を省略してクロトとも呼ぶ。

概説[編集]

モイラ(μοῖρα, moira)は元々「割り当て」という意味で、人間にとっては、「寿命」が割り当てられたものとして、もっとも大きな関心があった為、寿命、そして生命などとも関連付けられた。また出産の女神であるエイレイテュイアとも関連付けられ、やがて運命の女神とされた。

最初は単数で一人の女神であったが、後に複数で考えられ、三女神で一組となり、複数形でモイライ(Μοῖραι, Moirai)と呼ばれるようになった。人間個々人の運命は、糸の長さやその変容で考えられ、クロートーは彼女が手にする糸巻き棒から引き出し紡いで運命の糸とし(クロートーはそれ故に「紡ぐ者」である)、人間に運命を「割り当てる者」がラケシスで、三人目のアトロポスがこの糸を切った。こうして人間の寿命は決まるのである。

モイラたちの母[編集]

三人のモイライをこのような名前で呼んでいるのはヘーシオドスである。ヘーシオドスは、『神統記』の最初の方では、モイライを、ニュクスの娘だとうたっている[1]。他方、同じうたのなかの後半では、ゼウスの王位継承と女神たちとの婚礼をうたい、最初の妻メーティスとの婚儀よりアテーナー女神が生まれたことをうたい、二番目に妻となったテミス女神とのあいだに、季節の女神ホーラたち、すなわちエウノミアー(秩序)、ディケー(正義)、エイレーネー(平和)などの香しい女神をもうけられたが、それに続いて運命の三女神をもうけられたとうたっている[2]

ピンダロスは、花嫁としてのテミスの付き添いとして三人の女神を登場させている。

脚注[編集]

  1. ^ 『神統記』 211 - 220 行
  2. ^ ibid. 901 - 906 行

参考文献[編集]

  • 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店
  • ヘシオドス 『神統記』 岩波書店

関連項目[編集]