プサマテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プサマテー古希: Ψαμάθη, Psamathē)は、ギリシア神話の女神、あるいは女性である。長母音を省略してプサマテとも表記される。

の2人がいる。以下に説明する。

ネレイデスの1人[編集]

このプサマテーは、ネーレウスドーリスの娘たち(ネーレーイデス)の1人で[1]アイアコスとの間にポーコスを生んだ[2]。しかしアイアコスとの交わりを嫌い、アザラシに変じて海に身を投じた[3]。その後エジプトプローテウスとの間にテオクリュメノステオノエー(エイドオー)を生んだ[4]

プサマテーは息子のポーコスがペーレウステラモーンに殺されたため、後にペーレウスがトラーキアケーユクスのところに亡命していたとき、プサマテーは巨大なを送ってペーレウスの家畜を襲わせた。知らせを聞いたペーレウスはプサマテーが息子の死を忘れていないのだと考え、プサマテーに許しを乞ったが、プサマテーは許さず、テティスがペーレウスのために許しを乞ってようやく許した。しかし狼は家畜の殺戮をやめなかったため、プサマテーは狼を大理石に変えたという[5]

別の話では狼が現れたのはペーレウスがイーロスの息子エウリュティオーンを殺した後のことで、プサマテーとの関連は語られていない[6]

クロトーポスの娘[編集]

このプサマテーは、アルゴス王クロトーポスの娘で、アポローンの子リノスの母。プサマテーはリノスが生まれると、父を恐れて赤子を捨て、リノスはクロトーポスの家畜の番犬によって喰い殺された。アポローンは怒って怪物ポイネーをアルゴスに送った。ポイネーはアルゴスの子供たちをさらったが、コロイボスによって退治された[7]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス神統記』260。アポロドーロス、1巻2・7。
  2. ^ ヘーシオドス『神統記』1005。アポロドーロス、3巻12・6。アントーニーヌス・リーベラーリス、38。
  3. ^ アポロドーロス、3巻12・6。
  4. ^ エウリピデースヘレネー』。
  5. ^ オウィディウス『変身物語』11巻。
  6. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、38。
  7. ^ パウサニアス、1巻43・7。

参考文献[編集]

関連項目[編集]