ハルパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハルパーを持つクロノス

ハルパーギリシア語: ἅρπη)は、古代ギリシアで使用されていた刀剣の一種。ハルペー(英語: Harpe)と表記される場合もある。

刀身がのように大きく湾曲した形状をしており、刃は内側にある。主な使用法は、湾曲した刃を引っ掛けて力任せに切り落とす。

神話[編集]

ギリシア神話においてヘルメースの武器として度々登場する。

鍛冶神ヘパイストスが鍛造したアダマントのハルパーは、天空神ウラヌスの去勢、巨人アルゴスの暗殺、英雄ペルセウスメドゥーサ討伐などに使用された。

このハルパーは、たとえ相手が不死の神や怪物であっても効力を発揮したといわれている。