刀剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

刀剣(とうけん)とは、握りと同じ位かそれより長いもしくは剣身を備えている武器の総称。一般的にはは両刃のものを指しは片刃のものを指すが、これに限らないものも存在する。 詳細はそれぞれの項目を参照。

一般的な定義と日本の刀剣での差異[編集]

短刀などに存在する両刃造りは両方に刃が付いているが、左右対称ではなくの部分で上に反っている形になっている。また小烏丸鋒両刃造り物打ほどまで両方に刃が付いているが、それ以降片刃になっている。このような場合、一般的な定義だと剣に属してしまうが、双方ともに刀として造られたものであり、上記の定義には合わないがとして分類されている。

主な刀剣の種類[編集]

  • ナイフ:短剣・短刀
  • :主に両刃のものを示す
  • :主に片刃のものを示し、日本で作られた刀を特に日本刀と呼ぶ
  • 銃剣(バヨネット)

刀剣の部位の名称[編集]

剣の部位名称

  • 剣身、刀身、ブレード
    • 鋩(きっさき)、鋒(ほこさき)、鋩子(ぼうし)、ポイント - 剣の先端部分、切っ先とも。
    • 疑似刃、ファルスエッジ
    • 樋、フラー
    • 刃、刃先、エッジ
    • 中子、茎、タング(タン)
  • 柄、ヒルト
    • 鍔、キヨン
    • 護拳、ナックルガード
    • 握り、グリップ
    • 柄頭、ポメル

刀剣の新聞[編集]

刀剣の雑誌[編集]

  • 日本美術刀剣保存協会『刀剣美術』

参考資料[編集]

関連項目[編集]