クロノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジョ・ヴァザーリの描いた、クロノスとウーラノス

クロノス古希: Κρόνος, Kronos)は、ギリシア神話の大地および農耕のである。

名称[編集]

時間の神クロノス (Χρόνος, Khronos) と発音が近い(英語では同音)ため、混同されることがあるが、別の神である。古典ギリシア語においては κ無気音 [k] で、χ有気音 [kʰ] であり、若干異なる。これらの発音はしばしば混同され、当のギリシア人ローマ人も混同することがあった。

ギリシア神話[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によればウーラノスガイアの息子でティーターンの末弟[1]レアーの夫であり、ハーデースポセイドーンゼウスおよびヘーラーヘスティアーデーメーテールの父でもある[2]。またピリュラーとの間にはケイローンをもうけた[3]

父であるウーラノスの性器を、刃が魔法の金属・アダマスでできた鎌で切り取って追放するが、自身も父親と同様ギガースたちをガイアの胎内に押し込めていたためガイアの怒りを買い、後に息子であるゼウスに討たれた。彼は父同様、子にその権力を奪われるという予言を受けたため、子供が生まれるたびに飲み込んでしまったという。最後に生まれたゼウスだけは、母のレアーが偽って石をクロノスに食わせたために助かった。クレタ島で密かに育てられたゼウスはクロノスに兄弟たちを吐き出させ、かれらと力をあわせてクロノスらティーターン神族を倒した。

ローマ神話[編集]

黄金時代に地上を統べた王、農耕神とする伝承もあり、収穫祭で盛大に祀られた。このことから、ローマ神話における農耕神サートゥルヌス英語読みでサターン)と同一視される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヘーシオドス『神統記』133-138。アポロドーロスビブリオテーケー』1巻1・3。
  2. ^ ヘーシオドス、453 - 458。アポロドーロス、1巻1・5。
  3. ^ ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』2巻1231 - 1241。アポロードロス、1巻2・4。ヒュギーヌス『ギリシア神話集』序文、138。

関連項目[編集]