ペルセース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペルセース古希: Πέρσης, Persēs)は、ギリシア神話の神、あるいは人物である。長母音を省略してペルセスとも表記される。

などが知られている。以下に説明する。

クレイオスの子[編集]

このペルセースは、ティーターンの1人クレイオスとポントスの娘エウリュビアーの子で、アストライオスパラースと兄弟[1]。ペルセースはコイオスポイベーの娘アステリアーを妻とし、ヘカテーをもうけたという[2]

ペルセウスの子[編集]

このペルセースは、ペルセウスとアンドロメダーの子である。ペルセウスとも。

ペルセウスはアンドロメダーと結婚し、ともにアルゴスに帰るとき、アンドロメダーの父ケーペウスに男子がいなかったため、跡継ぎのためにペルセースをエチオピアに残した[3]ペルシアの名はペルセースに由来し[4]、ペルセースはペルシア王家の祖であるという[5]ヘロドトスの伝えるところではアケメネス朝の王クセルクセス1世ギリシアとの戦争の前にペルセウスの祖国アルゴスに使者を派遣し、自分はペルセウスの子ペルセースの子孫であり、我々は同族同士であるためお互いが戦うことがないよう自国から動かないことを求めたという[6]

ヘーリオスの子[編集]

このペルセースは、太陽神ヘーリオスとペルセーイスの子で、アイエーテースキルケーパーシパエーと兄弟。コルキス王アイエーテースの娘メーデイアアルゴナウタイとともにコルキスから逃亡した後、ペルセースはアイエーテースを追放して王となった。しかし後にコルキスに戻ってきたメーデイアに殺されたとも[7]アテーナイアイゲウスとメーデイアの子メードスに殺されたともいう[8]

エチオピアの武将[編集]

このペルセースは、エチオピア人で、トロイア戦争のさいメムノーンとともにトロイアを救援したという[9]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、375~377。アポロドーロス1巻2・2~2・3。
  2. ^ ヘーシオドス、409~411。アポロドーロス、1巻2・4。
  3. ^ ヘロドトス、7巻61。ほかアポロドーロス、2巻4・5。
  4. ^ ヘロドトス、7巻61。
  5. ^ ヘロドトス、7巻150。アポロドーロス、2巻4・5。
  6. ^ ヘロドトス、7巻150。
  7. ^ アポロドーロス、1巻9・28。
  8. ^ ヒュギーヌス、27、244。
  9. ^ プリュギアのダーレス、18。

参考文献[編集]