アイエーテース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイエーテース古代ギリシア語: Αἰήτης, Aiētēs)は、ギリシア神話に登場するコルキス(現グルジア)の王である。イアーソーン率いるアルゴナウタイの物語で、航海の目的である金羊毛の持ち主として登場する。長母音を省略してアイエテスともいう。

太陽神ヘーリオスペルセーイスの子。兄弟にキルケーパーシパエーペルセース。最初の妻エイデュイアとの間に娘のメーデイア、カルキオペー、2番目の妻アステロディアーとの間に息子アプシュルトスが生まれた。

神話[編集]

テッサリアからプリクソスが金毛の羊に乗って逃げてくると、これを受け入れ、娘のカルキオペーを妻に与えた。プリクソスはゼウスに金毛の羊を捧げ、アイエーテースにその皮(金羊毛)を贈った。アイエーテースは、金羊毛をアレースの杜にある樫の木に打ち付けた。

アルゴナウタイがコルキスに至ると、イアーソーンはアイエーテースに金羊毛を渡してくれるよう申し込んだ。アイエーテースはイアーソーンに、青銅の足を持ち、火を吐く牡牛を繋いで地を耕し、そこに竜の歯を播くよう命じた。竜の歯は、カドモステーバイで播いた残りの半分をアイエーテースがアテーナーからもらったものであった。

イアーソーンが密かにメーデイアの助けを借りてこの難題を切り抜けると、アイエーテースはアルゴー船を焼き払い、乗組員たちを殺そうと考えた。しかし、これもメーデイアに先手を打たれ、金羊毛をイアーソーンに奪われ、アルゴー船は出航した。アイエーテースはこれを追跡したところ、メーデイアは連れていた弟のアプシュルトスを殺し、その体を八つ裂きにして海にばらまいたので、これを拾い集めているうちに遅れてしまった。

後に、弟のペルセースに王座を奪われたが、メーデイアがコルキスに戻ってきてペルセースを殺し、再び王となった。

系図[編集]

オケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセーイス
 
ヘーリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エイデュイア
 
アイエーテース
 
キルケー
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーデイア
 
イアーソーン
 
アプシュルトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


参考図書[編集]