ピュートーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィルギル・ゾリス『ピュトンを斃すアポロン』

ピュートーン古希: Πύθων, Pȳthōn, ラテン語: Python)とは、ギリシア神話に登場する巨大なの怪物である。長母音を省略してピュトンとも表記される。『ホメーロス風讃歌』の「アポローン讃歌」によると雌蛇だとされる[1]。絵画などではドラゴンのような姿で表される事も。

ピュートーンはガイアの子で[2]、その神託所デルポイを守る番人でもあった[3]デウカリオーンの大洪水後に残った泥から生まれたと言われる[4]。デルポイの神託所をすっぽり巻ける巨体を持ち、かつては人間たちに神託をもたらしていた[5]。のちにアポローンによって倒され、以後デルポイはアポローンの神託所となった[4]テューポーンの乳母を務めていたともいわれる[6]

ギリシア神話[編集]

ピュートーンは、自分がレートーの子によって死ぬという予言を受けた[5]。そこで彼は、アポローンとアルテミスを身籠もっていたレートーを世界の果てまで追い回し、彼女を亡き者にしようとした[5]。しかしレートーはゼウスポセイドーンらの助けによって無事出産した[4]。アポローンは生まれた当日、または4日目で弓矢を執り、母の恨みを晴らしたのだという[5]パウサニアースによれば、ピュートーン退治はアポローンとアルテミスによって行なわれ、ともに穢れを祓うためにアイギアレイアへ向かったとしている[7]

アポローンはピュートーンの亡骸を手厚く扱い、デルポイのアポローン神殿の聖石オムパロスの下の地面の裂け目に葬った[5]。オムパロスとは「へそ」の意で、同地が世界の中心たることを示すという[5]。また、ピュートーンのために葬礼競技大会ピューティア大祭の開催を定め、新たに開いた自分の神託所の巫女にもピューティアー(Πυθία)を名乗らせた[4]。デルポイで巫女たちがトランス状態に陥るのは、地底からピュートーンが吐き出す霊気によるものだとされる[8]

なお、ニシキヘビを意味するパイソン(python)は、ピュートーンの名に由来する[9]

使徒行伝[編集]

新約聖書』の「使徒行伝」16章16 - 18節にもピュートーンが登場している(『新共同訳』では「占いの霊」)。このときピュートーンは女奴隷に取り憑いて占いをさせていて、パウロ一行に出会うと何度も「この人たちは救いの道を宣べ伝えている」と繰り返した。パウロがうんざりして「イエス・キリストの名によって、この女から出ていけ」と言うと、ピュートーンは即座に出ていったのだった。

注釈[編集]

  1. ^ 『ホメーロス風讃歌』第3歌「アポローン讃歌」301、305、354。
  2. ^ ヒュギーヌス、140。
  3. ^ アポロドーロス、1巻4・1。
  4. ^ a b c d マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』。
  5. ^ a b c d e f 苑崎透 『幻獣ドラゴン』 新紀元社
  6. ^ フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』。
  7. ^ パウサニアス、2巻7・7。
  8. ^ 少年社、福士斉、石川貴浩、渡辺真理子 『古代秘教の本 太古神話に隠された謎の秘儀と宗教』 学研
  9. ^ 久保田悠羅F.E.A.R. 『ドラゴン』 新紀元社

参考文献[編集]

  • アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波文庫(1953年)
  • パウサニアス『ギリシア記』飯尾都人訳、龍溪書舎(1991年)
  • ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』松田治・青山照男訳、講談社学術文庫(2005年)
  • フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社
  • マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店