テルプシコラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=マルク・ナティエによるテルプシコラー(1739)

テルプシコラー古希: Τερψιχόρα, Terpsichorā, 「踊りの楽しみ」の意)は、ギリシア神話に登場する文芸の女神ムーサたち(ムーサイ)の1柱。ラテン語ではテルプシコレーTerpsichore)という。長母音を省略してテルプシコラテルプシコレとも表記される。

すべてのムーサたちと同じく大神ゼウスムネーモシュネーの娘で、カリオペークレイオーメルポメネーエウテルペーエラトーウーラニアータレイアポリュムニアーと姉妹[1]

9柱のムーサたちのうち、「合唱」「舞踊」を司る。表される際の持ち物は、竪琴だが、この様にムーサたちが細分化されたのはローマ時代のかなり後期になってからである。

河神アケローオスとの間にセイレーンたちをもうけたとする説があるが[2]、通常はメルポメネーとされる[3]。またリノス[4]レーソスの母とされることもある[5]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、76〜79、915〜917。アポロドーロス、1巻3・1。
  2. ^ ロドスのアポローニオスアルゴナウティカ』4巻892〜896。
  3. ^ アポロドーロス、1巻3・4。
  4. ^ 高津『辞典』170b。
  5. ^ ビューザンティオンのアリストパネース(ワルター・F・オットー『ミューズ』論創社、p.114より。)

参考文献[編集]

関連項目[編集]