アテーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀元前1世紀の「アンティオコス」と署名された大理石の複製品。紀元前5世紀のアクロポリスに立っていたペイディアスAthena Promachosとは異なる。
ギリシア神話
Zeus Otricoli Pio-Clementino Inv257.jpg
主な原典
イーリアス - オデュッセイア
神統記 - ギリシア悲劇
ビブリオテーケー - 変身物語
オリュンポス十二神
ゼウス - ヘーラー
アテーナー - アポローン
アプロディーテー - アレース
アルテミス - デーメーテール
ヘーパイストス - ヘルメース
ポセイドーン - ヘスティアー
ディオニューソス
その他の神々
カオス - ガイア - エロース
ウーラノス - ティーターン
ヘカトンケイル - キュクロープス
タルタロス - ハーデース
ペルセポネー
ヘーラクレース - プロメーテウス
ムーサ - アキレウス
主な神殿・史跡
パルテノン神殿
ディオニューソス劇場
エピダウロス古代劇場
アポロ・エピクリオス神殿
ウィキプロジェクト

アテーナー古典ギリシア語Ἀθηνᾶ, Athēnāイオニア方言Ἀθήνη, Athēnē アテーネードーリス方言Ἀθάνα, Athana アタナ叙事詩体Ἀθηναίη, Athēnaiē アテーナイエー)は、知恵芸術工芸戦略を司るギリシア神話女神で、オリュンポス十二神の一柱である。ヘスティアーアルテミスと並んでギリシア神話の三大処女女神として著名である。

女神の崇拝の中心はアテーナイであるが、起源的には、ギリシア民族ペロポネーソス半島を南下して勢力を伸張させる以前より、多数存在した城塞都市の守護女神であったと考えられている。ギリシアの地に固有の女神だが、ヘレーネス(古代ギリシア人)達は、この神をギリシアの征服と共に自分たちの神に組み込んだのである。

日本語では主に長母音を省略してアテナアテネと呼び、表記される場合が多い。

概説[編集]

都市守護神[編集]

アテナイテトラドラクマには、表面(左)にはアテーナーの頭部が、裏面(右)にはアテナイのポリスを象徴するフクロウとオリーブの小枝と三日月が刻印されていた。

アテーナーは、古くからギリシアの地にあった城塞都市にあって、「都市の守護女神」として崇拝されて来た。この崇拝の伝統は、ミノア文明まで遡る。その神殿は都市を象徴する小高い丘、例えばアテーナイであれば、アクロポリスに築かれており、女神を都市の守護者とする崇拝は、ギリシア全土に及んでおり、アテーナイ、ミュケーナイコリントステーバイなどの有力な都市でも、その中心となる丘上には、女神の神殿があった。アテーナイは多くのポリスにおいて、「ポリウーコス(都市守護者)」の称号で呼ばれていた。

このようにアテーナーは、都市の守護者であり、アテーナーの戦いは、都市の自治と平和を守るための戦いで、ただ血生臭く暴力が優越する軍神アレースの戦いとは異なるものである。なお、ホメーロスはアレースを称える言葉を多く語っており、英雄叙事詩においてはアレースは重要な存在である。

女神は、アテーナイのアクロポリスパルテノーン(処女宮、Parthenon)の神殿を持ち、を自己の聖なる動物として持っていた。ホメーロスは女神を、グラウコーピス・アテーネー(glaukopis Athene)と呼ぶが、この定型修飾称号の「グラウコーピス」は、「輝く瞳を持った者」「灰色・青い瞳を持った者」というのが本来の意味と考えられるが、これを、梟(グラウクス)と関連付け、「梟の貌を持った者」というような解釈も行われていた。女神はまた、知恵を表すや、平和の印としてオリーブをその象徴としていた[1]

女神の誕生と三代の王権[編集]

ヘーシオドスが『神統記』に記すところでは、アテーナーはゼウスの頭頂部より武装して鎧を纏った姿で出現したとされる。ギリシア神話の神々の歴史においては、オリエントの神々の歴史が示すのと同様に、三世代にわたる神々の長たる「王権」の移譲あるいは強奪があった。ギリシア神話ではそれは、星鏤める天の神ウーラノスの支配が第一の王権で、ウーラノスは原初の大地大神ガイアとの間に多数の息子・娘をなした。これがティーターンの一族である。

ウーラノスの末子がクロノスであり、クロノスは母ガイアに教唆されて、絶対の権力を振るった父ウーラノスを不意打ちで攻撃し、ウーラノスの男性器を切り落とした。こうしてクロノスが神々の王権の第二の支配者となる。しかしクロノスはガイアとウーラノスの予言によって、彼もまた自分の子によって支配権を奪われるだろうとされた為、生まれてくる子供達を飲み込んだが、ゼウスだけはクレタ島に逃れ、やがて成長したゼウスは兄弟姉妹達を復活させ、クロノスの王権を簒奪する。

このようにしてゼウスを主権者とするオリュンポスの王権が誕生したが、ゼウスもまたガイアとウーラノスによる予言を受けた。それは、最初の配偶者である女神メーティスとの間に生まれる子供は、最初に、母に似て智慧と勇気を持つ娘が生まれ、次には傲慢な息子が生まれるだろう。そしてゼウスの王権は再度、彼らによって簒奪されるだろうというものである。その後メーティスが身籠もると、ゼウスは妊娠したままのメーティスを素早く飲み込み、禍根を断とうとした。

アポロドーロスが『ギリシア神話』で述べるところでは、胎児は、ゼウスの身体の中で生き続け成長し、ゼウスは激しい頭痛を感じるようになった為、プロメーテウスに(また一説では、ヘーパイストスに)斧(ラブリュス)で自らの頭部を割らせると、中から出てきたのが、甲冑を纏った成人した姿のアテーナーであった[2]。アテーナーが生まれると同時に、宇宙は大きくよろめき、大地と大海は轟音を発しながら揺れ動き、太陽は軌道上で停止した[3]。生まれてきた子供が男児ではなかったので、こうしてオリュンポスの王権はゼウスを長として揺らぎないものとなった。

誕生の異説[編集]

ロバート・グレイヴズが『ギリシア神話』で記すところでは、アテーナーはヘレーネスがギリシアに到来する以前から、母権制社会のペラスゴイ人によって崇拝されていた、人面蛇身で顔を見た者を石に変える大地の女神メテュスであったとする(ただしグレイヴズの主張に学術的裏づけはない)。ペラスゴイ人の伝承では、女神はリビアのトリートーニス湖のほとりに誕生したとされる。土地の三柱のニュムペーが女神を養育した。

女神は山羊革の衣類を纏うリビアで成長した。少女の頃、友達であるパラスと槍と楯を持って闘技で遊んでいたところ、間違ってパラスを殺してしまった。それを悲しんだ女神は、自分の名の前に「パラス」を置き、パラス・アテーナーと名乗ることにしたという[4]。女神は長じてクレータ島を訪れ、そしてギリシア本土のアテーナイへとやって来た。

他にも、雲の中に隠れていたアテーナーをゼウスが雲に頭をぶつける事によって誕生させたともいわれる。

女神の祭儀と神殿[編集]

アテーナー女神の祭儀でもっとも著名なものは、その崇拝の中心地であるアテーナイ市で7月に行われるパンアテーナイア祭である。これはアテーナーの誕生日(ヘカトンバイオーンの月の28日)を祝う祭りで、アッティケー都市連合の成立も記念して祝われた。馬術詩歌音楽文芸などの競技が催された。この祭りは4年に一度大祭が行われ、パンアテーナイア祭はとくにこの大祭を指すことがある。このときはパルテノーン神殿にあるアテーナーの神像の衣が取り替えられ、乙女たちが新しく織った衣を着せた。アテーナイのアクロポリスのパルテノーン神殿のメトープには、この衣を運ぶ行列の模様が彫られている。

女神の神殿はアクロポリスの頂にあるパルテノーン神殿が著名で、また同じくアクロポリスに、女神は「エレクテウスの宮居」を備えていたとされる。エレクテウスは人名であるが、これは恐らく、古代アテーナイの伝説の王であるエリクトニオスの別名と考えられる。アテーナイの支配権をめぐって、かつて海神ポセイドーンとアテーナーが争ったことがあり、初代アテーナイ王ケクロプスが女神を支持したことで、アテーナー女神が勝利を得た。

梟とオリーブが女神の聖なる象徴としてコインなどに刻まれるが、有翼の女神ニーケー(Nike、勝利の意、ローマ神話ではウィクトリア(ウィクトーリア、Victoria)と呼ばれる)も、彼女の化身であるとして登場することがある。アテーナーは父神ゼウスと同様に、アイギス(山羊革楯)を持ち、その楯にはゴルゴーンの頭部が付けられている。主に後ろに並んだ100人の歩兵を隠すほど大きい前立ての付いた兜を被り、槍とアイギスを持った姿で表される。一説には梟のように大きな灰色の目を持つと言われ、メドゥーサとの関連性を考える人物もいる。

ローマ神話での対応と別名[編集]

ローマ神話では、遙か古くから、エトルスキー系の知恵と工芸を司る女神ミネルウァがアテーナーに対応する女神として崇拝されていた。ミネルウァの神殿もやはり都市の中心の丘の上にあるのが普通で、都市守護者であった。ロマンス語ではミネルウァは、ミネルヴァという発音になる。ラテン語:Minerva、英語読みはミナーヴァ。ミネルウァの聖なる鳥は、やはりフクロウである。

アテーナーは様々な別名を持つ。イオニア方言系のホメーロスは、アテーネーと呼び、あるいは方言形でアターナーとも呼ばれる。またアテーナイアーとも呼ばれる(この名のイオニア方言形は、アテーナイエーである)。アテーナイアーを約めてアテーナーと呼ぶのだともされる。

それ以外に、パルラス・アテーネーの形でホメーロスが歌うように、パラス(Pallas)という別名がある。トリート・ゲネイア(トリート生まれの者の意)、トリートーニスなどの別名も持つ。これらの名前が何の意味かは色々な解釈があるが明確には分からない。ただ、海神トリートーンや、アムピトリーテーなどと同じ語幹から造られている可能性が高く、「水・水辺」に関係する名前だと解釈されている。

物語[編集]

パラスとパラディオン[編集]

アポロドーロスによれば、アテーナーはトリートーンの娘パラスと一緒に育てられた。二人は親友となり、戦の技に励んでいたが、喧嘩となった。パラスが一撃を女神に与えようとした際、ゼウスは危惧して、空よりアイギスを差し出した。パラスは驚き、直後のアテーナーの攻撃が彼女の命を奪った。女神は親友の死を悲しみ、パラスに似せてパラディオンと呼ばれる木像を造った[5](パラディオンとは、イーリオスを建設したイーロスが、「徴を示してほしい」とゼウスに祈ると、天から降って来た木像である[6])。 なお、フランスのトランプでは、パラスの名前でスペードのクイーンのモデルとされていて、一般的なカード(インターナショナル・フェイス)では、クイーンの中で唯一武器を所持している。

ギガントマキアー[編集]

紀元前480から470年製のアッティカの赤絵式のキュリクスに描かれたアテーナー及びヘーラクレース

ティーターン族をタルタロスに幽閉したゼウスに対して、ガイアは怒り、多くのギガース達を生み出してゼウスを脅かし、戦をけしかけた。これがギガントマキアーである。この時、アテーナーはギガースたちの中で最も強力なエンケラドスと戦い、シケリア島を投げつけて、これを圧殺した。また、トラーキアにあっては不死であったアルキュオネウスヘーラクレースとともに引きずり出し、打殺したとされる。また、アテーナーはギガースの一人パッラースを殺してその皮で盾を作ったためパラス・アテーナーと名乗るようになったともいわれる[7]

エリクトニオス[編集]

ある日、アテーナーはヘーパイストスの元に武器の発注に訪れる。ところが妻のアプロディーテーと不仲だったヘーパイストスは、欲求不満だった事もありアテーナーに迫ったのである。処女の誓いを立てているアテーナーは逃げ出し、ヘーパイストスは足が不自由なため女神の敏捷な動きにはついていけなかったが、何とか追いつきアテーナーの足に1週間溜めに溜めた精液をぶちまけたのである。何とか逃げ切ったアテーナーはその場にあった羊皮で汚れた部分を拭いて地面に投げ捨てた。すると、その場所が盛り上がりそこからエリクトニオスが生まれたのである。エリクトニオスは大地から生まれた者の証として下半身が蛇であったと言われる。望んでもいない相手との子供だったが、アテーナーはエリクトニオスを育てる事にする。アテーナーはエリクトニオスを箱に入れて、アテーナイ王ケクロプスの3人娘に『決して、開けてはいけません』と念を押し預けた。しかし、3人の娘達は好奇心に勝てず、箱を開けてしまう。びっくりして悲鳴を上げる娘達の声に気付いたアテーナーはアテーナイにある自分の神殿で育て、のちのエリクトニオスはアテーナイの王になった。そして父であるヘーパイストスについて鍛冶場でも修行し、で引くギリシア戦車を発明した。

その他[編集]

  • 英雄達に対しては好意的で、ペルセウスのメドゥーサ退治の際には表面が鏡のように磨かれた盾を貸し与え、ヘーラクレースのステュムパーリデスの鳥退治の際にはヘーパイストスの作った真鍮の銅鑼を与え、ベレロポーンペーガソスを調教できる黄金のくつわを与えたり、オデュッセウスに助言をして妻に合わせたりしている。
  • アテーナーは神話の中では自由奔放で非常に気が強く、プライドの高い一面を見せている。例えばアレースには「勝手気ままに振る舞っている」と指摘され、メドゥーサやアラクネーなどの自分と張り合った人物に対しては、容赦なく罰を与えている。
  • アテーナーはギリシャの他の神々がそうであるように傲慢で自らを貶める存在には容赦ない報復を行うが、一方でゼウスの嫡男である同じ戦の神のアレスが血なまぐさい戦いの残忍さを象徴する神であるに対し、アテーナーは理知的で気高い戦士として登場する。海の神ネプチューンとの争いでは、ネプチューンが馬を作りだし人間に与えたのに対しアテーナーはオリーブの木を作り出し人間に与え勝利するなど思慮深い面を見せる。アテーナーの信仰では学者は啓示を、裁判官は明晰を求め、軍人は戦術を磨こうとアテーナーに祈りを捧げたと言われる。

脚注[編集]

  1. ^ 『聖書と神話の象徴図鑑』より
  2. ^ アポロドーロス 『ギリシア神話』 一巻 III 6
  3. ^ ホメロス、『アテナ賛歌』。
  4. ^ R・グレイヴズ 『ギリシア神話』 p 69
  5. ^ アポロドーロス 『ギリシア神話』 三巻XII 3
  6. ^ ibid. 三巻XII 3, 妙な話であるが、このように記されている。
  7. ^ 『ギリシア・ローマ神話事典』より

参考書籍[編集]

  • 呉茂一 『ギリシア神話』 新潮社
  • アポロドーロス 『ギリシア神話』 岩波書店
  • ヘシオドス 『神統記』 岩波書店
  • ロバート・グレイヴズ 『ギリシア神話』 一巻本 紀伊國屋書店
  • マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店
  • 岡田温司 『聖書と神話の象徴図鑑』 ナツメ社
  • 社会思想社 ギリシア神話小辞典 Bエヴスリン著 小林稔訳

関連項目[編集]