ヘーリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽の戦車を御するヘーリオス

ヘーリオス古希: Ἥλιος , Hēlios)は、ギリシア神話太陽神である。その名はギリシア語で「太陽」の意である。その象徴となる聖鳥は雄鶏

太陽は天空を翔けるヘーリオス神の4頭立て馬車であると古代ギリシア人は信じていた。

日本語では長母音を省略してヘリオスとも表記する。

概説[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によれば、ヒュペリーオーンテイアーの息子である。の女神エーオースの女神セレーネーは姉妹。また魔女のキルケーヘーリアデス(太陽神の5人の娘たち)、パエトーンの父親でもある。

アポロンが乗る太陽の車を青空の牧場に駆る御者とも考えられた。

オリュムポスからみて、東の地の果てに宮殿を持つ。盲目になったオーリーオーンの目を治療した。また、常に空にあって地上のすべてを見ているため、アプロディーテーアレースとの浮気をヘーパイストスに密告したのも、ハーデースペルセポネーを誘拐したの(正確にはゼウスが加担したこと)をデーメーテールに教えたのもヘーリオスとヘカテーである。

後世、アポロンと同一視される。