タラッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タラッサ古希: Θάλασσα, Talassa)は、ギリシア神話の女神である。タラッタ古希: Θάλαττα, Talatta)とも呼ばれる。海を神格化した原初神で、ポントスの女性版である。地中海を擬人化したものと考える著作家もいる。アムピトリーテーテーテュースのような海の女神と同一視されることもある。

ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスによると、タラッサはアイテールヘーメラーの娘で、ポントスとの間に魚の一族を産んだ[1]。またタラッサの子供にはテルキーネス一族と[2]、その姉妹であるニュムペーのハーリアー[3]、あるいはブリアレオスがいたともいわれる。ノンノスによれば、タラッサはクロノスが切り取って海に捨てたウーラノスの生殖器のために多産であり、そこからアプロディーテーが生まれたという。

パウサニアスコリントス、イストモスのポセイドーン神域にはタラッサの像があったと伝えている。神殿前室内にはブロンズ製のポセイドーン像2体、アンプトリーテー像と並んで、タラッサの像があった[4]。また室内にはアテーナイのヘーローデースが奉納した諸像があり、その中の1つであるアンピトリーテーとポセイドーンの像が立つ戦車の台座には、幼いアプロディーテーを抱きかかえるタラッサの姿と、ネーレーイデス浮彫されていた[5]。またガレーネー(「凪」)とタラッサの像もあった[6]

脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス、序文。
  2. ^ シケリアのディオドロス、5巻55・1。
  3. ^ シケリアのディオドロス、5巻55・3。
  4. ^ パウサニアス、2巻1・7。
  5. ^ パウサニアス、2巻1・8。
  6. ^ パウサニアス、2巻1・9。

その他の登場する文献[編集]

  • アイソーポス寓話』(71 & 245)
  • 『ホメロス賛歌』(II デメテル, v.5)
  • 『オルペウス賛歌』(XXII タラッサ)
  • ノンノス『ディオニュソス譚』(XII, 43)
  • キリキアのオッピアノス『漁労』(I, 74)

参考文献[編集]