エウリュアレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エウリュアレー古希: Εὐρυάλη, Euryalē)は、ギリシア神話に登場する女神(または怪物)、女性である。エウリュアレーは「広く彷徨う」の意味を持つとされる。長母音を省略してエウリュアレとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

ゴルゴーンの1人[編集]

このエウリュアレーは、ゴルゴーン3姉妹の次女で、不死であった。エウリュアレーという名前は他のゴルゴーンの姉妹たちの名と同様、の女神の呼称とされる[1]。ゴルゴーン姉妹はかつては美しい娘であったが、末妹のメドゥーサアテーナー女神の怒りを受けて怪物にされたのと相俟って、抗議した姉二人も怪物の姿にされた。

オーリーオーンの母[編集]

このエウリュアレーは、クレーテー島の王ミーノースの娘とされる。ある物語によると、エウリュアレーは海神ポセイドーンとのあいだに英雄オーリーオーンを生んだ[2][3]


 
 
 
 
 
 
エウローペー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
サルペードーン
 
ラダマンテュス
 
 
 
 
 
 
 
アイゲウス
 
 
オトレーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュアレー
 
アンドロゲオース
 
カトレウス
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
 
テーセウス
 
 
アンティオペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーリーオーン
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
イードメネウス
 
トアース
 
アカマース
 
デーモポーン
 
ヒッポリュトス
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ グレーヴス 『ギリシア神話』 33章3
  2. ^ ケレーニイ 『ギリシア神話・上』 12章4。ケレーニイによると、この物語は、エラトステネスの『星座論』 32 である。
  3. ^ アポロドーロス、一章 IV 3, レーロスのペレキューデースによる。

参考書籍[編集]

外部リンク[編集]