ウーラニアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムーサイの1人のウーラニアー(ルーブル美術館蔵)

ウーラニアー古希: Οὐρανία, Ūraniā)は、ギリシア神話に登場する女神である。「天上の女」の意。長母音を省略してウラニアとも表記される。

  1. ムーサたち(ムーサイ)の1柱。本項で詳述する。
  2. アプロディーテーの別名の一つ。
  3. 海神オーケアノスの娘オーケアニスたち(オーケアニデス)の1柱。

ウーラニアーは、ギリシア神話に登場する文芸の女神ムーサたち(ムーサイ)の1柱。すべてのムーサたちと同じくゼウスムネーモシュネーの娘で、カリオペークレイオーメルポメネーエウテルペーエラトーテルプシコレータレイアポリュムニアーと姉妹[1]

9柱のムーサたちのうち、「占星術」と「天文」を司る。表される際の持ち物はコンパス天球儀などである。また、星座の一つである六分儀座六分儀も本来は彼女の持ち物であると言う。しかし、この様にムーサたちが細分化されたのはローマ時代もかなり後期になってからである。

彼女は未来予知に通じており、神官巫女が多く彼女の元を訪れて教えを乞うたと言われている。後にリズムメロディーを生んだと伝えられる音楽家アムピマロスと結ばれてリノスという子をもうけたと言う[2](一説にはリズムやメロディを発明したのはリノスであるともいう)。また後にアポローンとの間にヒュメナイオスを生んだともされるようになった[3]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、76〜79、915〜917。アポロドーロス、1巻3・1。
  2. ^ パウサニアス、9巻29・6。
  3. ^ 高津『辞典』、p.60b、209a。

参考文献[編集]