ビアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビアー古希: Βία, Biā)は、ギリシア神話の女神である。長母音を省略してビアとも表記される。力、勇敢、武勇、暴力が擬人化されたもの。ティーターンパラースステュクスの娘で、兄弟にニーケー(勝利)、クラトス(力)、ゼーロス(熱意)がいる[1][2]。兄弟とともに、ゼウスの側近を勤めている。

アイスキュロスは、ビアーはクラトスとヘーパイストスとともにプロメーテウスを縛ったと述べている[3]パウサニアスは、コリントスにはビアーとアナンケー(必然)を合祀した神域があったが、この神域に人が立ち入ることは許されていないと報告している[4]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス神統記』383~385。
  2. ^ アポロドーロス、1巻2・5。
  3. ^ アイスキュロス『縛られたプロメテウス』。
  4. ^ パウサニアス、2巻4・6。

参考文献[編集]