ヘーベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘーベー古希: Ἥβη, Hēbē)は、ギリシア神話青春の女神である。元々、ヘーベーとは「若さ」、「青春(の美)」の意味で、青春が神格化された女神である。

日本語では、長母音を省略してヘベとも呼ぶ。

概説[編集]

酒壺を持つヘーベー

ゼウスヘーラーの娘で、オリュムポス山の神々の宴会における給仕係が役割である。青春を司る女神であるが故に、神々の若さを保つための不死の霊薬であるネクタール神酒)やアムブロシアーを出す役目を負っているのである。

ヘーラーの子供たちの中で、もっとも母親に愛された娘で、ゼウスはヘーラーを懲らしめるためにヘーベーを天上から吊るし上げてヘーラーの反省を迫ったことがある。

絶世の美少年として知られるトロイアの王子ガニュメーデースがゼウスによって神々の給仕係に任命されたため、ヘーベーは任を解かれた(ヘーラクレースとの結婚に伴いヘーベーは給仕係を引退したともいわれる[1])ヘーラーはこれに対しゼウスに抗議したが、ゼウスは応じることなく、ガニュメーデースの姿を天上に写してみずがめ座とした。

英雄ヘーラクレースが入神した際、彼が人間であった時代に様々な嫌がらせをしてきたヘーラーは、最愛の娘ヘーベーをヘーラクレースの妻として与え、義理の息子とすることで(実を言うとヘラクレスはゼウスの息子なので元から一応、義理の息子である)、両者が和解したことを他の神々に納得させた。後にヘーラクレースの息子達がエウリュステウスに迫害を受けた際には、ヘーラクレースの従者にしてその息子達の庇護者だったイオラーオスを若返らせてエウリュステウスを討ち取るのに助力している。また、ヘーラクレースとの間にアレクシアレースとアニーケートスという二柱の息子を儲けている[2]

その一方では、幼い者を成長させる事も可能である。英雄アルクマイオーンカリロエーと結婚する以前に結婚していたアルシノエーが、アルクマイオーンにカリロエーが自身がアルクマイオーンと結婚した際に渡された、結納品の宝物である首飾りを取り返そうとした事を怒り、父ペーゲウスの息子たちにアルクマイオーンを殺させた。それを知ったカリロエーはペーゲウスを憎み、たまたま彼女と浮気しようと近づいたゼウスに自分の幼い子供達を大人にするように願う。それを聞き入れたゼウスはへーベーを遣わして子供達を成長させ、子供達は父の敵を討った。

ヘーベーは穏やかな女神で、オリュムポスのなかでも慎ましい役割をしている。神々の宴会で神酒(ネクタール)をついでまわる他に、宴会で舞踊を舞ったりした。能天気な一面があり、前述する通りゼウスがヘーベーを天井から吊り下げた際、彼女は気にせず笑っていた。また、『イーリアス』ではアレースディオメーデースと闘って負傷した際にアレースの入浴を手伝い傷口を洗っている[3]

ヘーベーはアテーナイキュノサルゲスの神殿に、ヘーラクレース、アルクメーネー、イオラーオスと共に祀られていた[2]。また、シキュオーンにもその聖所があった[2]

美術作品ではヘーベーは袖のないドレスを着ている姿で表現されることが多い。酒杯と水差しを持ち、背中に翼を生やした姿で描かれることもある[2]。『神統記』では黄金の冠を被り[4]、黄金の沓を履くと描写される[5]

ローマ神話での対応[編集]

ローマ神話では、ユウェンタースをヘーベーに対応させた。

出典[編集]

  1. ^ 『爆笑ギリシア神話3』
  2. ^ a b c d フェリックス・ギラン『ギリシア神話』
  3. ^ 『ギリシア・ローマ神話事典』
  4. ^ ヘーシオドス『神統記』17。
  5. ^ ヘーシオドス『神統記』952。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]