ジャン=マルク・ナティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=マルク・ナティエ
ルイ・トッケ画『ジャン=マルク・ナティエの肖像』
生誕 1685年3月17日
パリ
死没 1766年11月7日(81歳)

ジャン=マルク・ナティエJean-Marc Nattier, 1685年3月17日 - 1766年11月7日)は、フランスの画家。ルイ15世時代のフランスで肖像画家として一世を風靡した。

生涯[編集]

肖像画家マルク・ナティエの子としてパリに生まれる。父親と叔父のジャン・ジュヴネから学ぶ。1718年には王立絵画・彫刻アカデミーに入会が認められる。優美にして繊細なタッチで、当時流行の神話の人物に扮したモデルを描く作品が多かった。

代表作に『フランスの王女たち』四部作(エリザベートアンリエットアデライードヴィクトワールのルイ15世の娘4人を地・水・風・火のモチーフで描いたもの)、『マリ=アンリエット=ベルトレ・ド・プルヌフ夫人の肖像』(国立西洋美術館所蔵)、『ディアナに扮したポンパドゥール夫人』などがある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]