ミーノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギュスターヴ・ドレによるミーノース

ミーノース古希: Μίνως, ラテン文字表記:Mīnōs)は、ギリシア神話に登場するクレータ島である。長母音を省略してミノスとも表記される。

ミーノースはクノッソスの都を創設し、宮殿を築いてエーゲ海を支配したとされる。ミノア文明という名称はミーノースに由来している。ヘロドトストゥキディデスはミーノースを実在の人物と考え、プルタルコスはミーノースの子ミーノータウロス(ミノタウロス)を怪物ではなく将軍の一人だとする解釈を示している。

近年、クレタ島のクノッソス宮殿遺跡から世界最古の玉座とともに古文書が見つかり、その碑文の中にミヌテ、ミヌロジャ(ロジャは王の意味)という名前があったことから、ミノス王の実在を示すものではないかと言われている。

神話・民俗[編集]

ミーノースにまつわる神話は諸説あるが、代表的なものを以下に示す。

ミーノースの出生[編集]

ミーノースはゼウスエウローペーの子である。エウローペーと牡牛に身を変えたゼウスの逸話は、牡牛座にまつわる神話として知られる。ミーノースの兄弟にはラダマンテュスサルペードーンがいる。エウローペーはクレータ王アステリオスの妻となり、ミーノースはアステリオスの下で成人した。ミーノースはヘーリオスの娘パーシパエーを妻とし、パーシパエーとの間にカトレウス、デウカリオーン(トロイア戦争の勇将イードメネウスの父)、アンドロゲオースアリアドネーパイドラーらの子供をもうけた。

アステリオスが死んだ後、クレータ王の後継をめぐって、ミーノースは長子である自分が継ぐべきと主張し、ラダマンテュスは法と秩序を守る立場からこれを支持した。しかし、サルペードーンは納得せず、争いに敗れて小アジアに逃れ、リュキア王になったという。

ミーノータウロス誕生[編集]

このとき、ミーノースは王位継承の証として牡牛を海から送ってくれるようにポセイドーンに祈り、その牡牛を生贄として捧げることを誓った。ポセイドーンはこれに応えてミーノースに牡牛を送った。しかし、ミーノースは送られた牡牛があまりに美しかったため、欲を出して別の牛を生贄とした。ポセイドーンは怒り、仕返しに王妃パーシパエーが牡牛に恋情を抱くようにした。悩んだパーシパエーはダイダロスに相談し、木製の雌牛の張りぼてを製作してもらい、これを使って牡牛への思いを遂げた。やがてパーシパエーは子供を産んだが、その子供は人間の体に牛の頭が乗った怪物ミーノータウロスだった。ミーノースはダイダロスに命じて迷宮ラビリントスを作らせ、ミーノータウロスを閉じこめた。

テーセウスのミーノータウロス退治[編集]

このころ、アンドロゲオースがパンアテナイ祭に優勝したところ、アテーナイ人の妬みを買って殺されるという事件が起こり、ミーノースは兵を率いてメガラとアテーナイを攻めた。メガラはアテーナイ王アイゲウスの兄弟ニーソスが治めていたが、王女スキュラの裏切りでニーソスが殺されて落城し、アテーナイも飢饉と疫病に苦しめられてついに降伏した。アテーナイは賠償として、毎年(3年、9年ごとの説もある)クレータに少年少女を7人ずつ貢ぐことを約束させられた。少年少女はミーノータウロスへの生贄であった。3回目のとき、アテーナイの英雄テーセウスが自ら名乗り出て生贄になった。クレータに到着した生贄一行とテーセウスだが、そこで重要な出会いがあった。(一説にはアフロディーテーの助力によるもの)ミーノースの娘、アリアドネーテーセウスに惚れてしまう。テーセウスを死なせたくなかったアリアドネはミーノータウロスが閉じ込めてある脱出不可能といわれる大迷宮ラビュリントスの製作者であるダイダロスに聞きに行き、テーセウスに短剣と魔法の毛糸をもたせた。そして大迷宮ラビュリントスの入り口にいるアリアドネに魔法の毛糸の端を持たせ、テーセウスにもう片端を持たせた。ミーノータウロスを隠し持っていた短剣で見事倒したテーセウスは魔法の毛糸をたぐいよせ、アリアドネが待っている大迷宮ラビュリントスの入り口までたどりつくことができた。

イーカロスの翼とミーノースの死[編集]

ミーノースは、アリアドネーに知恵を授けたダイダロスを罰してラビリントスに幽閉した。一説には幽閉したのは高い塔であったともいう。ダイダロスは鳥の羽を蝋で固めた翼を身につけて空を飛ぶことに成功し、脱出してシチリアに逃れた。このとき、ともに脱出したダイダロスの息子イーカロスは太陽に近づきすぎて蝋が溶けて墜死した。ミーノースはシチリアまで追跡したが、コーカロス王の娘たちがダイダロスを庇い、ミーノースは入浴中に熱湯を浴びせられて死んだ。

死後、ミーノースは弟ラダマンテュスアイアコス(ゼウスとアイギーナの子)とともに冥界の審判者となったという。

『神曲』での役割[編集]

ダンテの『神曲』では「地獄篇」に登場し、冥府の裁判官として地獄の入口で死者の行くべき地獄を割り当てている。

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
エウローペー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
サルペードーン
 
ラダマンテュス
 
 
 
 
 
 
 
アイゲウス
 
 
オトレーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュアレー
 
アンドロゲオース
 
カトレウス
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
 
テーセウス
 
 
アンティオペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーリーオーン
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
イードメネウス
 
トアース
 
アカマース
 
デーモポーン
 
ヒッポリュトス
 
 
 
 
 


関連項目[編集]