パラメーデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Villa Carlotta - Palamedes.jpg

パラメーデース古希: Παλαμήδης, Palamēdēs)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してパラメデスとも表記される。ナウプリアの王ナウプリオスカトレウスの娘クリュメネーの子で、オイアクス、ナウシメドーンと兄弟。

パラメーデースは、ギリシア神話における文化英雄のひとりである。ギリシア文字のうちのいくつかや、度量衡サイコロなどの発明者とされる。

トロイア戦争ではアカイア勢に参加した。オデュッセウスを味方に引き入れるとき、オデュッセウスの息子テーレマコスを人質に取ったので恨みを買った。

その後、オデュッセウスの謀略により、アガメムノーントローイア勢との密通を疑われて処刑された。これがアガメムノーン一族の悲劇(パラメーデースの弟オイアクスがアガメムノーン殺害を煽動した)の原因となった。

系図[編集]

 
 
 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
ナウプリオス
 
クリュメネー
 
アルタイメネース
 
アペーモシュネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
ナウシメドーン