長音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長音(ちょうおん)とは、日本語音節で、母音を通常の倍にのばしたものを言う。すなわち、1音節で2モーラを持つものである。音声学的には長母音である。

概要[編集]

日本語で、主に外来語で用いることが多く、国際発音記号[ː]に該当する発音で用いる。母音の音で、前の母音が同じ場合も長音とすることも多い。

歴史[編集]

表記[編集]

長音符での表記[編集]

長音を仮名で書き表す方法は現代仮名遣いでは次のように規定されている。

  • あ列の長音は、あ列の仮名に「あ」を添える。
    例:かあさん(母さん)
  • い列の長音は、い列の仮名に「い」を添える。
    例:にいさん(兄さん)
  • う列の長音は、う列の仮名に「う」を添える。
    例:くうき(空気)
  • え列の長音は、え列の仮名に「え」を添える。
    例:ねえさん(姉さん)
    • かせいで(稼)、へい(塀)などは、「カセイデ」「ヘイ」と発音する者と「カセーデ」「ヘー」と発音する者があるが、どちらの発音をするかに関わらず、え列の音節に「い」を添えて表記する。
  • お段の仮名の長音の場合には、のかわりにを添える
    例:こうしん(コーシン/更新)
    • お段の仮名でも、後続する音が歴史的仮名遣いで「」または「」であった場合には、「お」を添える
      例:おおきい(大きい)

ただし、次の場合には、長音符(ー)を使う表記法が一般化している。

  1. 外来語など、カタカナで表記される語
    例:フリー

次の場合には、現代仮名遣いに則した方法と、現代仮名遣いに反して長音符を使った表記法とが並存している。

  1. 擬音・擬態語
  2. 例:しいん/しーん
  3. 強調のため長呼
    すごうく、ひろうい/すごーく、ひろーい。
  4. 感動詞、方言・俗語
    例:ふうん、ええ/ふーん、えー。
      ええがな、このやろう/えーがな、このやろー。

長音符以外での表記[編集]

長音であっても、長音符を使用せずに「ああああああああああ」のようにそのまま文字を重ねる表現をとることもある。

小書きの「」「」「」「」「」を使用して長音をあらわすことがある。例:さぁSURFACEの曲)、しぃスゥラブひな#登場人物)、笑ゥせぇるすまんMonologue -ものろぉぐ-

歌詞での表記では、長音符ではなく、3点リーダ(…)で表現することもある。また、の長音の場合に、長音符でなく、3点リーダ(…)を用いることもある。

ローマ字での表記[編集]

ローマ字では母音の上にアクセント符号サーカムフレックスを付けることで長音を表す。(昭和29年12月9日 内閣告示第一号、国際規格ISO3602 日本語のローマ字表記)

例: かあさん kâsan  にいさん nîsan へんしゅう henshû おおきい ôkii

また、その他の表記方法も存在する。 詳細はローマ字の項を参照せよ。