Φ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Phi uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη エータ Ττ タウ
Θθ テータ Υυ ユプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ キー
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ
San uc lc.svg サン Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
その他の文字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sho uc lc.svg ショー
Heta uc lc.svg ヘータ

Φ, φ(ファイ、フィ、ピー、希: φι / φῖ, 英: phi)は、ギリシア語アルファベットギリシア文字)第21字。小文字の字形には大きく分けて \varphi\,\!\phi\,\! の2通りがある。音価は、古語では [ph]、現代語では [f]。キリル文字Фはこの文字に由来する。ラテン文字には継承されず、音写ではphに置換される。音声記号として、小型大文字 [ɸ] は「無声両唇摩擦音」をあらわす。

符号位置[編集]

Unicodeでは小文字のファイ (GREEK SMALL LETTER PHI) を U+03C6「φ」と定めつつ、これとは別に GREEK PHI SYMBOL という文字を U+03D5「ϕ」として定め、2つの字形を使い分けられるようになっている。Unicode 3.0以降では前者が一筆書きの\varphi\,\!、後者が丸に斜線を引いた\phi\,\!の字形に対応するとされているが、それ以前では逆になっており、フォントによってはそれに従い逆の字形になっていることがある[1]

なお、JIS X 0213では小文字のファイは1-6-53に、丸に斜線\phi\,\!の字形で定められているだけである。

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Φ U+03A6 1-6-21 Φ
Φ
Φ
φ U+03C6 1-6-53 φ
φ
φ
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ϕ U+03D5 - ϕ
ϕ
GREEK PHI SYMBOL

脚注[編集]

  1. ^ “Representative Glyphs for Greek Phi” (PDF). UTR #25: Unicode support for mathematics. http://unicode.org/reports/tr25/#_Toc231.