リビュエー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リビュエー (古希: Λιβύη, Libyē) は、ギリシア神話に登場する女性である。エパポスメムピスの娘で、ポセイドーンとの間に双子兄弟アゲーノールベーロスを産んだ。リビアの地名はリビュエーに由来する[1]

アフリカは彼女にちなみリビュエーと呼ばれた(のちに範囲が狭まりリビアとなった)。これから逆に、リュビエー、エウローペーヨーロッパ)、アシアーアジア)の3人は姉妹とも言われる[2]

系図[編集]

ウーラノス
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーナコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーオー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エパポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リビュエー
 
 
 
 
 
リューシアナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
アゲーノール
 
ブーシーリス


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・4。
  2. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.301a

参考文献[編集]