ブーシーリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブーシーリスを殺すヘーラクレース。ミュンヘン州立古代美術博物館所蔵(en

ブーシーリス古希: Βούσιρις, Būsīris)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してブシリスとも表記される。

エジプトエパポスの娘リューシアナッサとポセイドーンの子で、アムピダマースの父[1]。ブーシーリスは残虐なエジプト王で、異国人をゼウスの生贄にしたが、ヘーラクレースに退治されたとされる。

このブーシーリスの名は明らかにエジプトのオシリス信仰の中心地ブシリスに由来している。エウリーピデースサテュロス劇『ブーシーリス』を書いたが散逸した。

神話[編集]

エジプトが長い間作物が実らなかったとき、キュプロスから予言者プラシオスがやって来て、毎年ゼウスに異国人を生贄にすれば作物は実ると告げた。そこでブーシーリスはさっそくその予言者を殺して生贄とし、毎年異国人を殺してゼウスに捧げた。ヘーラクレースはヘスペリス黄金の林檎を取りに行く冒険のときにエジプトにやって来て、ブーシーリスに捕らえられた。しかし縄を引きちぎって自由となり、ブーシーリスとアムピダマースを殺した[2]

ヒュギーヌスによれば予言をしたのはピュグマリオーンの兄弟の子トラシオスで、トラシオスは予言を証明するために自ら犠牲になった[3]。またブーシーリスは異国人を殺し続け、それを知ったヘーラクレースはわざと捕らわれて、ブーシーリスと神官たちを殺したという[4]

シケリアのディオドロスによれば、ブーシーリスはアトラースの娘たちヘスペリスを手に入れようとし、海賊たちにさらわせた。しかしブーシーリスは異国人を生贄にしていたためヘーラクレースに殺され、ヘスペリスたちをさらった海賊たちもヘーラクレースに退治されたという[5]

系図[編集]

ウーラノス
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーナコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーオー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エパポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リビュエー
 
 
 
 
 
リューシアナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
アゲーノール
 
ブーシーリス


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻5・11。
  2. ^ アポロドーロス、2巻5・11。
  3. ^ ヒュギーヌス、56。
  4. ^ ヒュギーヌス、31。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻27・2~27・4。

参考文献[編集]