ポイニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミュントールの子ポイニクスとブリーセーイスルーブル美術館

ポイニクス古希: Φοῖνιξ, Phoinix, ラテン語: Phoenix)は、ギリシア神話の人物である。主に

の2名が知られている。

アゲーノールの子[編集]

このポイニクスは、フェニキア王アゲーノールとテーレパッサの子で、カドモスキリクスエウローペーと兄弟[1]

エウローペーがゼウスにさらわれたとき、アゲーノールの命令で捜索に出たが、発見できなかったのでフェニキア、あるいはアフリカに移住した[2]

ポイニクスの系譜については異説があり、カッシオペイアの夫で、キリクスの父、タソスとテーベーの祖父とされる。あるいはエウローペーの父[3]アドーニスの父[4]、またあるいはカッシオペイアとの間にカルメーをもうけ、カルメーはブリトマルティスの母になったといわれる[5]

アミュントールの子[編集]

このポイニクスは、ボイオーティアのエレオーンの王アミュントールの子で、アステュダメイアと兄弟。カリュドーンの猪狩りに参加したといわれる[6]。またトロイア戦争アキレウスパトロクロスとともに参加した。

父との対立[編集]

父アミュントールは妾プティーアーを寵愛し、母をないがしろにした。そのため母はポイニクスに妾を誘惑し、父が妾を嫌うように仕向けてほしいと懇願した。ポイニクスは仕方なく妾を誘惑したが、アミュントールは気づき、ポイニクスを呪って、自分の膝の上にポイニクスの子を乗せないと誓い、それをハーデースペルセポネーが聞き届けた[7]。ポイニクスは怒ってアミュントールを殺そうとしたが、神がポイニクスを諌めて思い止まらせた。そこでポイニクスは出奔しようとしたが周囲の者が止め、交代でポイニクスを見張った。しかしポイニクスは部屋の扉を破って逃げ、ギリシア各地を放浪した後、テッサリアープティーアの王ペーレウスのもとに身を寄せた。ペーレウスは彼を歓迎し、ドロプス人の王とした[8]

しかしアポロドーロスによると話は逆で、妾のプティーアーがポイニクスを誘惑したが拒まれたため、妾はポイニクスに犯されたとアミュントールに嘘を言い、怒ったアミュントールはポイニクスを盲目にしたという。ポイニクスはペーレウスのところに逃げ、ペーレウスは彼をケイローンのところに案内し、眼を癒してもらったのち、ドロプス人の王とした[9]。ペーレウスはポイニクスにアキレウスの世話を頼み[10]、幼いアキレウスはよくポイニクスを慕い、ポイニクスもアキレウスを大切に育てた[11]

トロイア戦争[編集]

トロイア戦争ではアガメムノーンが和解の使者オデュッセウス大アイアースをアキレウスのところに遣わしたときポイニクスも同行し、アキレウスを説得しようとしたが、アキレウスは聞き入れなかった。またパトロクロスがアキレウスの武具をまとって戦ったとき、パトロクロスの第3部隊を指揮した[12]

アキレウスの死後、オデュッセウスとともにスキューロス島リュコメーデース王のところに行き、ネオプトレモスの参戦を求めた[13]。戦後、ポイニクスはネオプトレモス、ヘレノスとともに陸路でモロッソス人の国に向かったが、その途中で死んだ[14]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻1・1。
  2. ^ ヒュギーヌス、178。
  3. ^ 『イーリアス』14巻321。
  4. ^ ヘシオドス(アポロドーロス引用、3巻1・1)。
  5. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、40。
  6. ^ オウィディウス変身物語』8巻。ヒュギーヌス、173。
  7. ^ 性的不能になった、の意。
  8. ^ 『イーリアス』9巻430~484。
  9. ^ アポロドーロス、3巻13・8。
  10. ^ スミュルナのコイントス、3巻。
  11. ^ 『イーリアス』9巻485~495。
  12. ^ 『イーリアス』9巻、16巻。
  13. ^ アポロドーロス、摘要(E)5・11。スミュルナのコイントスではオデュッセウスとディオメーデース
  14. ^ アポロドーロス、摘要(E)6・12。

参考文献[編集]