テーレパッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テーレパッサ古希: Τηλέφασσα, Tēlephassa)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してテレパッサとも表記される。フェニキアアゲーノールの妻で、カドモスキリクスポイニクスエウローペーの母。またポセイドーンとの間にタソスを生んだといわれる。娘のエウローペーがゼウスにさらわれたとき、アゲノールは息子たちにエウローペーの捜索を命じたが、テーレパッサもカドモスに同行してトラーキアに渡り[1]、その地で世を去った。カドモスはテーレパッサを葬ったのち、ギリシアに渡り[2]テーバイを創建した。

なお、一説にアゲーノールの妻はアルギオペーという[3]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻1・1。
  2. ^ アポロドーロス、3巻4・1。
  3. ^ ヒュギーヌス、6、178、179。

参考文献[編集]